落ち着いてます

 ユキの様子ですが幸い落ち着いています。
呼吸は相変わらず早いもののまだ肩で息をするような仕草はないので
肺へのリンパ液の溜まり方が遅くなってくれていることを祈りたいです(涙)

食欲もぼちぼちでトイレの方も問題ありません。
昼はひたすら寝ているか横になっていて夜11時くらいになると
出たいニャーと騒ぎますがここは私もグッとガマン。
先生から今の状態で走ったりしたら命にかかわるよと言われたことを思い出して。
この病気は初期の対応が大切みたいなのでとにかく一ヶ月は様子見です。
ユキ、頑張ろうね!


ユキ、元気になったらまたいっぱい遊ぼうね。
しばしのガマンだよ〜

今日エアコンを取り付けてくれた電気屋さんが様子を見に来たのですが
その電気屋さんにも寝たきりのシェルティがいて(ピットと同じ13歳)
癌で手術をしたあとぐっと弱ってしまいずっと介護をしていたそうなのですが
とうとう逝ってしまったよと肩を落とされていました。
ジュンちゃん、どうか安らかに・・・涙




今日の夕焼け。
外が一面ぼーっとピンク色に包まれた感じでとても綺麗でした。
暑さもしばし忘れます・・・さー明日も頑張ろう!

125ml

 毎日本当に厳しい日差しと暑さですね・・・!
エアコンと外気の温度差や水分の摂りすぎには注意したいところです(涙)

ユキの話題が続きますが今日は朝一番でまた病院へ。
幸い今回は落ち着いていてスムーズに胸の水を抜かせてくれました!
先生がユキの体を丁寧に調べてから直接針を刺し注射器で
ゆっくりと抜いていくのですが今日は125mlが抜けました。
12mlの注射器なので何度も何度も繰り返しの作業で時間もかかりますが
先生は実に手際よくこなしてくださり本当に感謝で・・

その後レントゲンを撮ってみましたがまだ倍以上は水があるのではないかとのこと。
ユキもがんばってあんなに出してもらったのに・・・
正直悲しくなってしまいました。
一度の診察で全部を抜くのはユキにも負担で無理とのことでした。

今回抜いてもリンパ液の滲出が止まらなければほんの数日でまた元に戻ってしまうのです。
今できるこことはとにかくできるだけ安静を保ちながら療法食(ヒルズw/d)
で最低でも一ヶ月は過ごすこと。
自然に液の漏れている場所が塞がることがあるとか。
胸水が溜まり呼吸が苦しくなってきたら抜いてもらうという生活になりそうです。

今は先生を信じてできることを一つ一つ試していくしかない。
ピットもユキも残念ながら難病と言える類の病で治療は試行錯誤ですが
あきらめずに頑張っていきたいと思います。

それからお知らせですが秋に参加予定だったデザインフェスタ、
このような状態ですので残念ですが見合わせることにしました(涙)
ユキは長期戦覚悟で回復を目指します。
ピットも少しでも進行が遅れるように暑い中ですが運動を続けていきます!
私もバテないようしっかり食べて二匹と一緒に頑張りますねー!笑

いよいよ夏本番!

夏休みと同時に梅雨明も明け真っ青な空が気持ちいいです!

暑さはますます厳しいもののようやくカラッとした陽気になり
じめついていた押入れの整理や厚手の布団など干して真空パック(笑)
一日中掃除片付けに追われ汗だくの日曜でしたがスッキリしました〜


 
療養中のユキとお見舞いの皆様(笑)
先週からこんな感じで毎日過ごしています。
しばらくガマンのユキだけどピットと一緒だから寂しくないよね。





ユキのゲージはピットが以前ヘルニアの手術をした時安静の為に買ったもの。
サイズが調整できるサークルで利用できました〜
屋根は百均で調達した金網を使って(笑)
急ごしらえなので見た目はまぁ気にしないことに




ユキ、息が苦しいのに鼻を塞いじゃ駄目だよ〜(涙)

呼吸が苦しいのでほとんどじっとしているか寝ているユキ。
食欲も動かないせいもあるのかいつもに比べるとありませんが
でもグッタリという訳ではなく元気にしています。

で、今日は朝一番で仕事を遅刻させてもらって病院へ!と思っていたら
世間は祭日だったのでした
(私も家族も祭日は仕事の我家)

るびこママ、ななまま、ユキにお気遣いありがとうございます!!
またのちほどお返事させていただきますねー!

再び病院

 月曜に胸水を抜いてもらったユキですが水曜頃からまた呼吸が苦しそうに・・
元気は良いものの心配で次は来週明けくらいと先生に言われていましたが
とても待てず診ていただいてきました。

果たして結果はまた水が肺に溜まっている状態でした(涙)
今日は水を抜いてから詳しくレントゲン検査をする予定でしたが
ユキが治療途中興奮してしまい沈静をかけるにも危険ということで
血液と少し採れた水の精密検査のみしてもらいました。

結果は“乳糜胸”という病気だそうです。
採取したユキの胸水は乳白色でこれはリンパ液が漏れているのだとか。
心配していたリンパ腫の可能性は少ないとのことで(でも確定はできず)
ほっとしたのも束の間、今のユキは絶対安静の状態だそうで・・

先生がとても詳しく説明をしてくださったのですが私のボンクラな頭では
精神的な疲労も有りここで整理することができず・・ごめんなさい。
とにかく今は心を鬼にしてユキの動きを抑制するしかないらしいです。

今後もしばらくケージ生活で溜まった水を抜きながら様子をみるしかないのですが
ユキが今のように興奮してしまう状態が続くとそれが難しくて(汗)

一般的にはそういう場合は沈静をかけて治療するのですがユキは
その行為自体のリスクも大きいのでこれからの治療方針が難しいのです(涙)
でもこのままではどんどん肺が圧迫されて苦しくなる一方。
とにかく来週またあらためて水抜きにチャレンジすることになりました。
ユキ、苦しいだろうけれど治療の為に頑張ろうね・・!(涙)

帰宅してからネットでこの病気について調べてみましたが治すのは難しそうです。
しばらく呼吸に注意しながら先生の指示を守っていこうと思います。
何だかユキのことで慌しくピットへの目が行き届かずにこれまたバタバタ
落ち込んでいる暇はないぞ、自分ーっ(渇!!)



怖がりでシャイで、だけど大胆で挑戦的な憎めない可愛いユキ。
頑張って病気を治そうね・・!!

ユキ病院へ

 さちさんから素敵な絵を頂きとても幸せな気持ちで始まった今週でしたが
猫のユキに気になる症状があり月、火と病院へ。

数日前から時々呼吸が大きく苦しそうに見えることがあって・・
でも食欲もおなかの調子もまったく変わらず元気ではいたので
近いうちに一度病院へと思っていたところ土曜日におかしな咳をしたのです。

そういえばじっとしている時間も急に増えてきた気もして
とりあえず週明けにもと軽い気持ちで連れて行ったのですが
レントゲンを撮ってもらったところ肺にかなりの水が溜まっていました。
注射器で抜いてもらいましたがこれがびっくりするくらい多くて(泣)

これではきっと苦しかっただろうなとユキが可哀想で。
三匹いる猫たちの中では一番小柄で子猫のようなユキ。
まだ若いから元気だからと楽観しないでもっと早く診てもらえば良かったです・・
ついピットにばかり目が向いていて本当にユキには申し訳ないことをしてしまいました。

胸水で考えられる病気はたくさんありもちろん命に係わるものも含まれます。
まだ病名が確定できないのでケージ飼いで安静を保ちながら
原因を探るべく様子をみることになりました。

水を抜いてもらった昨日は楽になって嬉しかったのか呼吸も楽そうで
元気にしていたのですが今日は食事は食べるもののだるそうに横になってます。
我家で一番小さなユキ、心配でたまりませんが今は先生の指示に従い
診察を受けていこうと思います。

しかし心配のあまりつい悪い方向に考えてしまい勝手に涙が・・
昨日はさすがにショックで鉛のように体が重く動きませんでしたが
今日は先生にこれからの治療方針を伺い少し気持ちが軽くなりました。
今週は仕事が悪夢のように多くてこれも少し救いになってるかな?(苦笑)

今動けないピットの横でピット大好きなユキも寝ています。
二匹ともどうかどうか頑張って。
ユキの病気が深刻なものでありませんように・・