真っ赤なピット!?

 ゆうべのことです。

いつも通り仕事から帰ってピットと夕方の散歩へ。
帰宅してピットに晩ゴハンとサプリをあげ人間のゴハンの支度をしていたら
何だかピットの様子がヘンなのです。

しきりに頭をブンブンと振り耳をカイカイする仕草をしているので
耳が痒いのかと軽い気持ちで中を覗いてみたら皮膚が真っ赤ではありませんか!
慌てて反対の耳を覗くとこちらも同じく真っ赤。
(正確には赤というか紫に近いくらいの濃いピンクというか)
よくよく観察すればいつもは薄いピンクをしている鼻の付け根や
口の中、お腹の皮膚なども全身赤く発色しています。
目もみるみる充血して・・・

皮膚の色が貧血気味などで白っぽく見えることはあってもこんな濃い色は初めて。
でもあとは特に変わった様子もないのでとりあえず病院に連絡したら
一応診察しておいた方がいいとのことで急遽へ連れて行くことに〜(涙)

診察の結果は一時的なアレルギー反応とのこと。
特に変わったものも与えていないし夕方の散歩で虫にでも刺されたのかなあ。
時間の経過とともに発色や痒みはおさまってきていましたが念のため
夜だけステロイドを服用させました。
今朝はもうすっかり赤みもひいていつものピットに戻っていました。
ああよかったあ〜・・グスっ


朝早くてまだ眠いよー



足は動かなくてもよくこうして走ってます?(笑)





この愛すべき丸いケツ、コーギー飼いの特権ですね(笑)




ついでにユキも・・・

暑い日はぐでーんとこの通り。
緊張感のカケラもありゃしません。ユキちゃん、あんた女の子でしょお〜涙





そんな彼らをいつもあたたかく見守るクーです(笑)

猫たちの癒し

今日は曇りベースで風もあり比較的涼しく過ごしやすい一日でした。
羊毛ピットも一息ついたし久しぶりにピットや猫たちとおもちゃで遊んだのですが
ピットの様子がなんとなくおかしいのです(涙)
元気はいいもののやたら息が荒くて下顎がケイレンしたように時々震えています。
気のせいかこの時右前足に力が入りにくいようにも感じられました。

すぐ遊びを中止して落ち着いたら治まったので幸い一時的なもののようでしたが
ピットの病気は神経系なのでこの先どのような症状が出てくるかわかりません・・
後ろ足の動きも日に日に悪くなっているのでこれ以上不安材料が見つかりませんようにと祈る日々です。

ところでピットが難病とわかってからクーが私の枕元で寝るようになったんです。
クーは一人でのんびり寝るのが好きなタイプであまりベタベタしない性格。
それなのに・・不思議です。
私が夜更かししているとまだ布団を敷いていないその場所で先に丸くなって
まるで「早く寝ようよ」と言っているようです。
ユキはユキで子猫の頃からずっと夜はピットの傍で寝ています。
なんだか猫たちが守ってくれているようでとても心が癒されるんですよ・・・



ちょっとポッチャリなクー。
楽なのかよくこうして何かにもたれかかってます(笑)






このポーズもお気に入り。
このまま顎をのせてグースカ寝てます





箱物、袋物にも目がないクー。
特に初めて見るものには必ず一度入ってチェックします(笑)







末っ子ユキはとにかく天真爛漫で無邪気。
彼女の辞書には悩みという言葉は無いと思われます・・笑





シャム系MIXでスレンダーな上に小柄なユキは二歳を過ぎてもまだ子猫のようです。
シャイで抱っこはあまり好きではないけれど常に誰かにかまって欲しい寂しがりやさん。
ピットが散歩に出ると帰ってくるまで玄関でずっと鳴いていたり
家族の食事時になるとわざわざ二階へ上がって鳴き続けたり・・おこちゃまなユキです。

お手入れ

今日もまたまた暑かったです!
ローカルニュースを見てたら何でも30度近くあったとか
昼休みに帰宅するとピットたちビローンと伸びてました・・
そろそろ暑さ対策考えてあげないといけないですね(汗)

ところでピットが車椅子に乗るようになって足の手入れに気を使うようになりました。
爪切り、足裏の毛カットは毎週。
普通に散歩ができていた頃は爪も自然に減っていたのですが
昨年の夏に足を悪くしてからこまめな手入れが要求されるようになったので
お手入れ大嫌いなピット対策にエリザベスカラーを購入。

爪切りもこの機会にフンパツしてちょっと高いものを買ったら
これが面白いように切れる!
たまに血管も切ってしまうこともありますが(ピットゴメン)
何はともあれこれで私もピットも安心?して作業ができるようになりました(爆)
今までは毎回修羅場だったので・・・


 

いつも散歩時に靴下で保護しているので足の裏きれいでしょ?(笑)
下半身が不自由になってからお尻の毛もバサバサとカット(適当)





今日は朝の散歩のあと娘の朝食からバナナを少しだけもらいましたv
「クンクン・・美味しそう!」






あっと言う間にペロリんちょ。
「うーんもっと欲しいワン」






※オマケ

息子のエレキギター。
去年から独学で始めましたが最近急に熱が入ったようで
毎日PCの前で動画サイトを先生に弾きまくってます。

「ギターばっかりで遊んでくれないからツマラン」

ピットのつぶやきが聞こえそうです・・笑

お出かけ

先週の2日、3日と久しぶりに出かけてきました!

車中一泊の短い旅ではありましたが三年ぶりに大好きな軽井沢へと・・
娘だけが仕事で残念ながら参加できませんでしたが(涙)

今回は初めて猫たちも一緒です。
旅慣れたピットはともかく猫たち大丈夫かなと不安はありましたが
行くと決めたらなんとかなるさの我家(笑)
息子が二日の午前学校だったので帰宅を待って昼過ぎに出発しました。

うちのなんちゃってキャンピングカーなマイクロバスのロザリン号。
迎えてから今年で早10年ですがまだまだ元気です(爆)

今回は混む高速を避けて地味に下道を走りましたがやはりGW、甘くないっ
交通量が多くなかなか進みませんでしたが実はこれに助けられました。
というのは家を出てから車内では二時間ほど猫たち(特にクー)が
“帰るー降りるー!”でそりゃもう大騒ぎだったからです
聞いたこともないような不気味な大声で延々鳴き続けて。

ゲージに入れて布をかけ暗くしていたのですが興奮しすぎたのか
クーがはあはあと口が開きっぱなしになってしまい(涙)
仕方なく出して抱っこしてあげていたらようやく落ち着いてくれました。

日頃クーはあまり人見知りもせず落ち着いた性格、
ユキはシャイで怖がりなのでどちらかと言うとユキの方の
心配をしていたのですがこれがまったく逆でした(笑)
大騒ぎのクーを尻目にユキはとても落ち着いていて・・・
わからないものですね




なんとか落ち着きを取り戻した猫たち(笑)


初めての車旅に興味津々なユキと対照的に
クーは息子の座席にしばらく一緒に座ってました。
(車内、布団等散乱して見苦しいですがごめんなさい)

そして慣れてしまえば最初の大騒ぎが嘘のようにリラックス〜
山道の揺れもなんのその。
二匹で窓の外から景色を楽しんでいました(笑)

ピットも途中河川敷の広場で遊ばせてあげたり
夕食などとりながらのんびり走って軽井沢に着いたのはすっかり夜。
いつも利用している駐車場に入れてベッドを作ると早々に就寝しました。
・・・が。

みんなが平和な眠りにつこうという頃クーたちの大暴走が始まりました(涙)
二匹で何やらゴトゴトがたがたガザカサどたどた。
しまいには寝ている人間たちの上を走り抜けたりカンベンしちくりーな状況に。
でも昼間の疲れでいつの間にかみんな眠ってしまいましたけどね(笑)
日中は暑いくらいの陽気でしたがさすがに軽井沢、夜は寒かったです。

さて翌朝起きてみれば猫たちが駐車場の監視をしており。
お疲れ様です(爆)



さすがにまだ駐車場空いてるニャー






我家のようにすっかりくつろぐクー(笑)






アタチは運転席に座ってみたニャ






助手席の寝心地もなかなかニャー








「ピットさびしいのね、アタチがついていてあげなくちゃ!」

ユキはピットが大好き。







ピットにスリスリゴロゴロなユキ。
自由に動き回れる猫たちがちょっぴり羨ましいピット・・かもですね(涙)







近くのコンビニへ人間の朝飯を買いに行くのにピットもご同行

私の手作りハーネスでえっちらおっちら一生懸命歩きます。
近くに芝の広場もあり早朝で誰もいなかったのでハーネスを外して
自由にさせてやることもできました。
ピットの足が不自由になってから私も気長に付き合っています。
いつも慌しい毎日ですがピットのおかげでのんびりさせてもらってるかも。

ちなみに後ろに見えるのは浅間山ですが噴煙は見えず
火山活動はとりあえず落ち着いているようでした。


みんながそれぞれ朝ごはんを済ませると再びピットの散歩に。
時間の経過とともに散歩をする人たちも急に増えてきます。
近くに立派なリゾートマンションがあるせいかセレブな雰囲気の方が多いのですが
出会う皆様がみんな笑顔でピットに接してくれました。

「可愛いですね、何歳ですか?」とわざわざしゃがみこんで
ピットをなでてくれたりどの方も足のことにはまったく関係なく普通でした。
「頑張れ頑張れ!」ともたもた歩くピットにエールを送ってくれた方もいました(涙)
ピットも本当に嬉しそうで私もそんなピットを見ていると胸がいっぱいになりました。

自宅近所ではすぐに「可哀想」と言われたりじろじろ見られたりと
正直あまり外を歩きたくないのですがここではまったく違いました(涙目)

それから散歩の途中で偶然車椅子のシーズーちゃんに会ったんです!
交通事故で下半身が麻痺してしまったそう(涙)
でも車椅子でスイスイと楽しそうに歩いていました。 

ピットにも自作で作ったことを話すと、その方も今まで何台か乗りついで
今の車椅子に落ち着いたんですよと親切にあれこれ教えてくださいました。
思いがけず嬉しい出来事に遭遇できて感激でした(涙)

「うちは小型犬なので抱っこも楽ですけどコギちゃんだと大きいから
何かと大変でしょう?頑張ってくださいね」とねぎらってくださり
何より嬉しくそして励まされました。
これを機会にこれから積極的にピットを外に連れ出してあげたいなと思いました。

さて、ピットの散歩を済ませたら軽井沢散策へGO!
動物たちには申し訳ないのですがお留守番です(笑)

まずはアウトレットへ。
大型連休ということでとにかく人が多い!!
みんなほんと元気だなぁと感心してしまう軟弱者な私。

今回は嬉しいことに掘り出し物があって息子と主人は
それぞれ目的だったものをお買い上げ。
私は特にほしい物も無かったのでお土産を物色したのみ。

アウトレットを一通り見終わったら一度車に戻り休憩。
車内の空気を入れ替えピットのちっこタイム、
みんなに留守番のごほうびのおやつをあげて今度は旧軽井沢銀座へ。




写真でわかるでしょうか・・・
人、人、人でもうぎゅうぎゅう詰め〜
あまりの混雑ぶりに一瞬ひるんでしまいました(笑)
もちろんしっかり歩いてきましたけどね(ワハハ)

軽井沢は訪れる度店が変わっているのですが
三年ぶりに来て感じたことは空き店舗がとても目立ったこと。
今までずっとあったはずの店もなくなっていたり不況の影響もあるのかな。
人は相変わらず多かったけれどちょっと寂しい感じもしました(涙)

犬連れの多い軽井沢はどこに行ってもワンだらけ。
日頃なかなか見られない犬種に会えるという楽しみもあります。
今回はセントバーナード、サモエド、ポルゾイ、シェパードなど・・
小型犬はトイプードル、チワワ、ミニチュアダックスが圧倒的でした。

コーギーもたくさん見ました。
まだまだ根強い人気だなぁと。
ピットもいつもだったら一緒に歩いていたのにとつい考えてしまい
主人と息子には悪いけれど早く車に帰りたかったです(涙)

旧軽で遅めの昼食をとり再び車に戻ると早速ピットを車椅子に乗せて散歩へ。
留守番ばかりで退屈だったピットは嬉しかったようですすんで歩いてくれました。



やっぱり外はいいなぁーと嬉しそうなピット
一昨年の北海道旅行以来、ロザリン号との2ショットです(笑)





とりあえず完成した車椅子。
でも課題もあってこれを踏まえた二号車をいずれ製作予定です。











そして楽しかった軽井沢にもお別れの時が・・・
道が混雑する前に帰ろうと思いましたが。





この通り既にしっかり上下線大渋滞でした・・・爆







走行中クーとユキはこの通り気ままに過ごしていました。
さすがに助手席は危険なのですぐ撤去しましたが(笑)






出発当初はどうしようかと思った猫たちでしたがもうすっかり我家。
脱走が心配で猫用ハーネスも準備したのですが結局一度も使わずじまい。
ドアに近づくと強く叱っていたせいか拍子抜けするくらい無関心でした。
普段いつも一緒のピットがいたせいもあるかもしれません。
これならまた一緒にお出かけできるかな?

ちなみにネコたちのトイレやベッドは家で使用のものをそのまま搬入。
すぐに慣れてくれたので何も困ったことはありませんでした。






車中はこんな感じでほとんどおとなしく寝ていましたがゴハンの時間になると
しっかりみゃーみゃー催促してました(笑)

ピットのヘルニア以来お出かけには消極的だった私ですが今回の旅で
外の空気は動物たちをも元気にしてくれるんだなと思いました(涙)
また機会あればクーたちも一緒に連れて遊びに行きたいです!

だらだらと長い日記になってしまいましたが最後までお付き合いくださって
本当にありがとうございました(涙)

ピット12歳になりました

 今日はピットの12回目の誕生日!
今まで当たり前のように迎えていた4/9ですが・・何だか今日は感慨深いです(涙)




今朝のピット。まだ早朝だったので少々寝ぼけ顔かな(笑)


 昨年の夏にヘルニアを発症したことで私たち家族にとってのピットの存在は
今まで以上に大切なものになりました。
家の中ではほとんど下半身をひきずった状態ですが今まで以上に元気です(爆)

これから病気が進行する可能性もあるけれど何か起きても後悔しないように
一日一日ピットと過ごせる時間を大事にしていきたいと思います。
ピット、12歳おめでとう!!

それから・・散歩ができないピットの為に車椅子製作計画を立ち上げましたー!
日に日に暖かくなり心地良い空気を感じると何とか外に連れ出してあげたくて。

犬の車椅子に関しては以前からネットで調べていたのですが
市販品は値段が高くてとてもとても(涙)

すると主人が試作ですがとりあえずフレームを作ってくれたのです!
材料は我家の子供たちが使っていたベビーカー。
思い出いっぱいで捨てられず20年以上も物置の隅にホコリを被っていた
ベビーカーがまさかこんなことに役立ってくれるとは思いませんでした(笑)



あとは体や腰を固定する部分を私が作る予定ですが忙しくてこれがなかなか進まない
ピットの「本当に出来上がるのかいな」と言いた気な視線が痛いですが頑張ります~

お雛様

早いもので2月も残すところあと一週間、

今年もそろそろお雛様の時期がやってきました

7段飾りは準備が正直めんどい。雛様ごめんちゃい(涙)

重い腰を上げてようやく週末に飾ったのですが・・・





って何であなたがそこにーーーー!!??






うわぁぁ・・・・・・ややややめて(激汗)







ぎょええええええええーーー!!!!!!







どぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーっ!!!



このあと何一つ落とすことなくユキは立ち去りましたが

猫って忍者みたいですね

横着?

 最近のピットですが・・

動きの鈍い後右足を下にして下半身座った状態で移動することが多いのです。
ヘルニアが進行してしまったのかと心配になって足の具合をチェックすると
太ももの筋肉は以前よりむしろしっかりついてきています。
(少しはリハビリの成果が出てくれたのかな)

たまに上手に歩けている時に「ピット凄い凄い!」とほめまくると
嬉しそうに必死で悪い足を運ぶので悪くなっているようには思えません。
どうも座って移動する方が“楽”であることを感じてしまったようです・・・

そこで座り移動を発見次第、「コラっ!頑張って歩くんだよ」と
声かけするようにしてみたら果たして慌てて必死で立ち上がり
私の顔色を見るではありませんか〜こらっ
とにかく少しでも自力で歩行してもらうように仕向けている毎日です(笑)

それから今日たまたま発見したことなのですが。

いつも外でトイレをさせたあと抱えて家の中に連れて入るのですが
私の足元が雨で滑ってコケそうに!

突然バランスを崩したので抱えられていたピットもびっくりしたのでしょう、
手足をもがいて暴れたのですがその時不自由な方の足が
他の足と同じ動きでばたついていたんです!!

「この足、まだこんなに動くんだ!!!」  

もう嬉しくて嬉しくて家に入ってからも同じようなことをしてみましたが
今度はいつもの通りであまり動かせないんです

でもでも間違いなく動いていたのを見たので神経はちゃんと生きているんですね

思わず「諦めたらそこで試合終了だよ」という安西監督(byスラムダンク)の
言葉が脳裏によぎりました


ピット、母さんはまだ諦めないぞぉ〜!!がんばれっ!笑





日曜日の昼下がり・・・のんびり日向ぼっこの彼らです

明日は

何だか最近日記に明るい話題が無くてごめんなさい汗

心配なピットの足ですが・・
相変わらず少しづつ動きが悪くなっています悲しい

自力歩行は何とかできてはいますが今週に入ってから悪い方の
右後足がつま先で着地状態になっていることが多くなってきました。
(文章では分かりにくいかもですが足の甲を地面に着いて引きずっているような感じです)

左後足の方も支える力が弱くなっているようでペタンとしりもちをついてしまったり
下半身が横にぱたんと倒れてしまうこともしょっちゅう。

ピットの太もも見た目では毛であまりわかりませんが触ってみると
こんもりしていたはずの筋肉がげっそり削げ落ちてしまって
悲しいくらい骨格がはっきりと手にとれます(涙)

もう少し早くセカンドオピニオンを決心していればと自分を責める毎日ポロリ
でもでもやっと明日は待ち遠しかった土曜日!
MRIのために心配な全身麻酔をさせなくてはなりませんが専門の先生にきちんと
診察していただけると思うと不安だった気持ちも救われるようです(涙)

しかし今週は本当にいろいろなことが重なって。
昨日、息子がバスケ部をやめました。
言葉ではたった一行で済むことなんですがここに至るまでには様々な葛藤があり(涙)

何だかとても疲れた一週間でしたがとにかく明日はピットの病院!
時間に遅れないように連れて行かねばですねあせあせ


こんな状態ですがこちらもぼっちらぼっちらやってますv
Mママ完成までもう少し待っててねー(涙)

決断の時

今週はいろいろなことがあっていつも以上にあっと言う間に過ぎました。

個人的な話で大変申し訳ないのですが・・
今朝早く主人の妹が亡くなりました。

今月から入院していたのですが今週に入り突然容態が急変。
先生も驚くくらい頑張っていたのですが・・
愛する子供たちに囲まれる中、今朝安らかに穏やかに息を引き取りました。

まだ50歳という若さ。
三人の子育ても一段落しこれから自分自身の人生を楽しめる時期だったのに
悔しくて残念でなりません。
でも彼女や彼女の家族、特に子供たちには大切なことをいっぱいいっぱい
教えてもらいました・・今は安らかに眠って欲しいと祈るばかりです(涙)

ちょっと寂しい話になってしまいましたがごめんなさい!
今日は仕事もありましたが慌しい時間を縫ってピットの診察にも行ってきましたが
やはり外科的な精密検査を勧められる結果となりました。

かかりつけの先生は外科専門でないので近隣の先生を紹介してくださることに
なっていたのですが帰宅後連絡が入り、ピットの症状を知ったそちらの先生が
MRI検査をした方が良いとのことで更に設備の整った大学病院を紹介されました。

しかし場所や時間的な都合の問題など今の我家の状態では診ていただくのが困難(涙)
何とか近隣で設備のある病院を探さなくてはいけなくなりました。
いつまでもステロイドを飲ませている訳にもいかないので今の先生と話し合いをしながら
義妹のことが落ち着き次第なるべく早く探したいと思います(また涙)

最近時間があればピットの症状を参考に自分なりにあれこれ調べているのですが
お気に入りのピットの専用フォルダ、日々膨れ上がっております(笑)
でも素人判断より今はとにかく足の本当の原因を知りたい気持ちでいっぱいで。
設備だけでなく経験豊富な先生に診ていただきたいです・・(涙)

水害

昨夜のことです。
布団に入りそろそろ眠りにつきかけた頃どこからかカタコトと音が・・

毎晩人間たちが眠ったあと入れ替わりに猫たちの時間が始まるので
また二匹で騒いでいるんだな程度で気にも留めずにいましたが
次第に音が大きくなるので様子を見に行ってみると・・

廊下の隅にあるピットの水入れがひっくり返り海のようになった床で
楽しそうに二匹一緒に遊んでいるではありませんかびっくり

水入れが普段の物なら良かったのですが薬の影響でたくさん水分を摂るピットの為に
手桶ほどの容器にたっぷり入れてあったので被害は深刻悲しい
そして廊下にはこれまたピットの為に滑り止めのカーペットが敷いてあり
思いがけず真夜中の大掃除になってしまいました・・グスン
拭き掃除の間も雑巾に楽しそうにじゃれてくれるクーとユキを見ていると叱る元気もなく(笑)

濡れたカーペットはとりあえず外に出し床拭きを終えると再び布団に。
しかし今度はクーが大暴走を開始!
私の布団の上を何度もダッシュで通り過ぎてくれるので眠れやしません(涙)
それでもいつの間にか眠ってしまいましたが。

そして夜明け前頃・・
再び嫌な予感のする音に目が覚めました。
おそるおそる覗きに行くとまたまた悲しい水害になっておりました(涙)
まぁおかげで早起きできたのでいいんですが(爆涙)
再び拭き掃除をし朝食を用意する頃クーたちは遊び疲れたのか幸せそうに眠っておりました。
ああ・・私も猫になりたい猫



そうそう。
最近ピットの散歩に行かないので姿が見えないのを心配した近所の方が
声をかけてくれた時の話です。

そのお宅にも7歳のワンちゃんがいるのですがシニアフードの話になり
7歳だとそろそろ切り替え時ですねと言ったら
「うちはシニアフードは高カロリーと聞いたので与えないのよ」とキッパリ仰られましたあせあせ

なるほどそんな考え方をする人もいるんですね・・たらーっ