いよいよ出発です

さて今回の旅行記・・
文章力の無い自分できっと長くなってしまうと思いますが少しづつ書いていきますね^^;

北海道に行くことを決めてからはまずフェリーの予約から。
今回は行きも帰りも“青森〜函館”、片道4時間程度です。

乗船は基本的に動物は車内に残して人間は客室に移動しなくてはなりません。
でも暑い季節でピットたちのことが不安だったので行きは夜、帰りは午前の便にしました。
しかし結果的にはピットとクーには少々しんどいことになってしまったのですが・・
この件についてはまた追々書きたいと思います(T T)

参考までにフェリー代金は車と人間(夫婦と子供2名)ワンニャン1匹づつの
往復、2等で72,580円でしたあせあせ
あと準備としてはお盆の道路事情を考えると少しでも早く出発したかったので
私と主人はそれぞれ夏休みを一日早くもらいました。

そしてこの旅を機会に今までつけそびれていたETCもやっと搭載!笑
えっ、まだつけてなかったの?と笑われてしまいそうですがこれは本当に便利でした。
しかもETC割引がかなりあったので既に元は取ってしまった感じです。
今は何でも便利な世の中ですねハート


さてさて。
すっかり前置きが長くなりましたがぼちぼち旅に出発したいと思います。笑路線バス
言葉より地図のほうがわかりやすいかなとこんなものを作ってみました。



旅の始まりは8/9の夜。
仕事が終わってから急ぎ夕飯を済ませ夜10時過ぎには静岡県東部の自宅を出発しました。
家族全員フル参加で一週間近くの旅ということで着替えなどの荷物が多いのに加えて
今回はクーのゲージとトイレなども加わって民族大移動状態。
さーてどうなることやら・・・^^;

家を出た車は東名御殿場ICより高速に乗りそのまま一気に東北道へ向います。
大型連休の始まる頃でしたがまだ渋滞もなく途中の都内もスムーズに通過。
でも途中で日付も10日に変り、そろそろどこかで寝なくちゃということで
東北道の那須高原SAにて深夜2時頃おやすみなさいにしました。
子供達とピットとクーは既に夢の中でしたが(笑)

ピットは車旅にはすっかり慣れていますが初めてのクーは最初は不安そうで
にゃ〜にゃ〜鳴いていました。
でも子供たちが抱っこしてあげるとすぐに眠ってしまいそのまま朝までみんなとグッスリ。
私も主人も少し蒸し暑さはありましたが日中の疲れも手伝ってすぐに眠ってしまいました。

さて、翌朝は7時起床。
目を覚まして外を見れば駐車場には既に車がいっぱい!
そろそろ道も混み始めるので歯磨きと洗顔だけ済ませて再び走りだしました。
ねぼすけの子供達とクーが起きた頃、途中のSAに入り朝食用にサンドイッチやおにぎり
野菜ジュースなど購入。ピットたちの食事と散歩も済ませたらまた出発です。

この日はフェリーの乗る為青森をひたすら目指しました。
昼はこれまたSAでそばうどん類を。どれも安くてなかなか美味でございました♪

道はとても空いていて快調でしたが途中でアクシデント発生!
走行車線を走っていると突然前方に何かが散乱しているのが目に飛び込んできました。
あいにく追い越し車線が詰まっていて主人も何とかかわそうとしたのですが
避けきれず左前輪が何かを踏んでしまい、後部座席にいた私の座席の真下あたりに
“ガガガ・・ガッゴ〜〜〜ン!!!”とものすごい音が!
どうやら金属の塊だったようで・・・・
みんな真っ青になってしまいましたびっくり

その後念の為ゆっくり走っていると幸いすぐに待避所があったのでここで点検。
タイヤ側面に少し傷がつき車体の方もちょっとへこんだ部分がありましたが
幸い大事には至らなかったようで一同胸を撫で下ろしました〜

主人の話では落ちていたのはトラックが落とした工具箱のようでした。
うちの跳ね飛ばしたのは多分チェーンやワイヤーを固定する為の道具で
これってほんと鉄の塊なんですよ汗
高速で走っていてこの程度で済んで本当に良かったです。
北海道に行く前に旅が終わらなくて良かったねぇとみんなで苦笑いしてしまいました(爆)

その後は順調で時間に少し余裕があったので途中高速を下りちょっと寄り道を。
せっかく東北を通ったのだからと我家のパスケ小僧の憧れ、秋田の能代工業高校を訪れてみました。


能代工業は現在アメリカで活動している田臥さんの母校でもあり
今年は佐賀のインターハイで全国優勝もしたばかり!!
ドキドキしながら職員室で声をかけさせてもらったのですが残念ながら
部活が夏休み中ということで練習風景は見ることができませんでした(涙)

でも対応してくれた先生がわざわざ閉まっている体育館を開けてくださって
少し中の様子を拝見できたんです!(T▽T)
体育館のあちこちにトロフィーや写真、賞状の数々が所狭しと飾られていて
バスケットの素晴らしい戦歴をあらためて感じ・・本当に凄いの一言。


選手の姿は見えなくても空気がピンと張り詰めたようなコートを前に息子も感無量の様子でした(涙)

すっかりバスケモードに入ってしまった我々でしたが既に時間は夕方の5時近く。
これからフェリーにも乗らなくてはいけないのであまりゆっくりもしていられません。
再び青森に向かって出発〜〜!
ここからはまたひたすら走って7時半頃無事東北道の終点、青森に着きました。

フェリー乗り場の確認を済ませると今度は乗船前にお風呂と晩ご飯の捜索(笑)
いつも行き当たりばったりな我家なんですよ^^;
ちょうどすぐ近くに大きなアミューズメント施設があり、ここに食事もできる
日帰り温泉があったので即決!!
駐車場もとても広くて車の大きな我家には願ったり叶ったりでした。

そして今日は走りっばなしで缶詰だったピットとクーも少し散歩してあげて彼らのご飯タイム。
その後人間もお風呂と食事を済ませましたが既に9時前で乗船受付の時間になっていました。

そんなギリギリのタイムスケジュールでしたが何とか無事乗り場に移動。
出発は10時20分の便でしたが目の前にはもう大きなフェリーが接岸しています。
受け付けも済ませて“とにかく間にあってよかったあ〜”と安堵の一同。
さあ、あとは乗船を待つばかりです。

でも船に乗る前に再びピットのトイレなどまだまだやることはいっぱいで
せっかくお風呂に入ったものの再び汗かきかきの私・・^^;
クーは猫なのでゲージに入れてあるトイレで自分でしてくれるので助かりました。

ところがここで再びアクシデント発生!!!
ピットのトイレを済ませて車に乗ろうとした私の足元に飛び出す黒い影が・・
なんとクーが車の外に飛び出してしまったんです〜〜〜!びっくり

瞬間的に“クー!!”と叫びつつ姿を追いましたが夜で暗くよく見えません(涙)
ピットのことに気をとられていててっきり子供たちがクーを見ていてくれると
思い込んでいた私の責任でしたがもう半べそ状態悲しい

すぐ子供たちや主人も明かりを持って出てきてくれたので落ちついて目を凝らすと
クーは車の下にちょこんと座っていました。
でも呼んでもなかなか出てきてくれなくて・・(T_T)

この間の時間はすごく長く感じましたが意識して平静を装いクーを呼び続けたら
何とかこちらに近づいてくれたので確保できましたがもう心臓はバクバクで(爆涙)

既に回りには乗船する他の車も続々と駐車していましたし、すぐ目の前は真っ暗な深い海。
あとから万が一のことをいろいろ考えたら・・ゾゾゾ〜・・
クーを抱っこする手が震えて止まりませんでした(涙)

車の中でクーを遊ばせる時は必ずリードをつけて家族の誰かに声かけもしていたのですが
この時は私が船に乗る準備でクーをゲージに入れたつもりがどうやら扉をきちんと
閉めていなかったらしく・・
たまたま何もなくて本当にラッキーでしたが大反省。
あらためて子供達ともこの先始まる旅はクーには十分気をつけようと肝に銘じましたパンチ

そんなすったもんだはありましたがさあいよいよフェリーに乗船です。
東北の夜とはいえ蒸し暑いので二匹がなるべく楽に過ごせるよう
ピットは車の後部を仕切り自由に動けるようスペースを作ってあげ
後部窓は網戸にしておきます。水も大きな容器にたっぷり入れて。
(本当は防犯上閉めておくのですが^^;)

クーはピットが以前使っていた大きなゲージに入れると最初は鳴いていましたが
じきに丸くなりスヤスヤ眠ってしまいました。
ちょっと心配だったのは、うちのすぐ後ろに大型の競走馬の輸送バスが止まって
エンジンをかけっぱなしだったんです。

フェリーの会社にペットを乗せていることは事前に申し出ていたのですが
普通車はエンジンは切らなくてはいけないのに・・・仕方ないのかな(涙)
この件もいろいろ感じたことがあるのでまた追々書きます。

かなりの熱気が感じられて暑さが心配でしたが途中で様子を見ることができないので
少しの間だから二匹ともごめんね、我慢してねと後ろ髪引かれる思いで客室へ・・・(涙)
船内に入るとお盆休みということで大混雑でした。
2等部屋は自由スペースで場所取りは早い者勝ち。
既に眠っている人も多かったのですが図々しく声かけして場所を空けてもらい
何とかしっかり我家の居場所を確保しました(笑)
でも咳の出ていた私は部屋の皆様に迷惑をかけてしまうので一人ロビーの椅子で過ごしましたが・・^^;

エアコンが寒すぎるほど効いていて車内のピットたちも連れてきてあげたかったなと
考えたりしているうちにウトウトと少し眠りに。
主人と子供達も混雑した場所ではあったけれどよく眠れた様子でした。

途中から船が少し揺れているなという感じがありましたが気になるほどではなく
長いようで短い4時間はあっと言う間に過ぎ予定通りAM2時過ぎに函館着。
到着のアナウンスに私が誰よりも急いで車に飛んでいったのは言うまでもありません(笑)

すぐに車を開けましたがかなりムッとした熱気を感じて我慢させた二匹に申し訳無く(涙)
クーは少し暴れたのかゲージの中に敷いた新聞がぐちゃぐちゃになってましたが
ピットもクーも変らず元気でいてくれました〜!ああよかったぁ(爆涙)

東北の夜とはいえやはり夏は夏。
元気とはいえピットももう10歳なのでやっぱり心配で・・・
でもとりあえず無事に北海道の大地に到着です!!!
さ〜てこれからどんな旅になりますか・・(笑)

一日目から話が長くなってしまいましたが最後まで読んでくださってありがとうございました。
またの続きをお楽しみに!?(爆)
コメント

おかえり〜ピットママさん^^
すごい移動距離だねー、しかも、秋田へ寄り道とは・・・それだけバスケに掛ける情熱があるんだねー。
東北も、お盆の前は猛暑酷暑で夜も暑い日が続いていたのよ。
今は朝晩は涼しくて、上着が必要な位だけどね。

しかし、クーちゃんが一緒に旅をするなんて、最初は信じられない事だと思ったけど、旅なれてるピットママ一家だもの、きっとニャンコにも過しやすい空間があるんだろーなー。。と予想してました。
ロザリンだもん車内が広いよね。
トイレも一緒に移動できるんだから、ニャンコには楽だよね。

でも、港でクーちゃんが逃げちゃった時の気持ちは良く分るよ(T_T)
我が家では完全室内飼いなので、外に出て30分も姿が見えなくなっただけでドキドキでしたよ。
でも、すぐに見つかって良かった^^

ピット君も10歳での長旅、元気に楽しんだかな?

パワフルピット家の旅日記、楽しみにしてるね^^

ああなんだかとってもハラハラドキドキで読みましたよ〜。
こんなにドキドキする本最近読んだことないぞ!
やはり動物連れの旅は大変だよね
飛行機なんかでも同乗のペットに事故があることもあるようですし・・・
露座凛(なんじゃ?この変換!)もといロザリンだからなんとかクリアできたのでしょうけれどピットママの心配が痛いほど伝わって
「ああ無事についてよかった〜!」って涙ぐんじゃったよ〜!
それから息子さんの大きくなった後姿にもびっくり。頼もしいね。
民族大移動の旅は大変だけどたのしさも大きかったことでしょう
続き楽しみにしてます(^_^)/

>ケラちゃん

ケラちゃんこんにちはー!!
いつもご無沙汰ばかりで・・ごめんなさい!(涙)
旅の一日目から長い日記になっちゃったのに読んでくれて嬉しかったよ。
本当に感謝感謝です・・・どうもありがとう(T▽T)

北海道はもちろんだけど東北も我家にとっては初めての地だったの!
ロザリンはナビが不機嫌でよく止まっちゃうので
遠出の時は私がいつも地図も片手に走っているんだけど
福島を通った時にケラちゃんちはこのあたりなのかな、
なんて地図を見ながら通過してました(涙)
聞こえる訳はないけど「ケラちゃぁぁーーん!」って叫んでみたり(笑)

今回は目的が北海道だったので初めての東北が通過しかできず
何だかもったいなくてね・・悔しかった(涙)
時間がもう少しあれば磐越道にも足を延ばして会津方面も観光したかったよ〜(T T)

>それだけバスケに掛ける情熱があるんだねー。

わはは、いやいや知らない土地だけに実際的な距離感がわからないから
遠い寄り道もできてしまうんだろうね(笑)
まだ書いていないけど実は帰りにも能代に寄ったという・・爆

うちのトーチャンはもともと高速はつまらないから嫌いという人なので
バスケにかかわらず秋田への寄り道はとても楽しかったみたいです♪

>東北も、お盆の前は猛暑酷暑で夜も暑い日が続いていたのよ

そうなんだ、東北も今年はしっかり暑いんだねぇ・・涙
ちょうど帰る日から気温が下がってきて帰りの東北道は
仙台まではかなり強い雨で気温も一気に23〜25℃くらいに下がっていたっけ。
ケラちゃん気温差で体調崩さないように気をつけてね(涙)

クーの様子もまた日記に書いていこうと思っているんだけど
犬連れ旅行の人は数々見てもさすがに猫連れはいなかったなぁ(爆)

最初の日は初めての車生活にさすがにクーも落ちつかなかったんだけど
それでもトイレと食事の場所はすぐに理解して本当に
何も困ることはなかったの。
(これといった食の変化や体調不良もなく・・爆)

トイレも自宅のも念の為そのまま持って行ったんだけど
なぜかゲージ内に入れた小さなトイレの方をメインに使ってました。
いつも一緒のピットがいたことも良かったんだろうね♪
狭いスペースでケンカや昼寝を一緒にしてましたよ(笑)
とはいえ青森での脱走事件には肝が冷えましたが^^;

トンちゃんも姿が見えなくなってしまったことがあったんだ〜(涙)
普段外に出ていないと危険を学習していないこともあって本当に心配だよね。
ケラちゃんのドキドキがわかりすぎて。
トンちゃんも無事戻ってくれて良かったね・・(爆涙)

って何だか長いお返事になっちゃった!いつもごめんなさい(涙)
旅の続きもまだまだありますがどうか気長に付き合ってやってくださいね〜!

  • ピットママ
  • 2007/08/27 08:35

>ななママ

ななママこんにちは〜〜!!!!

相変らずご無沙汰でごめんね(涙)
いやご無沙汰ばかりかずっとここも休んでしまっていたのに
こうして足を運んでくれて嬉しいコメントまで・・・本当にありがとう!!(爆嬉泣)

旅行、出発早々このとおりドタバタで・・・(T▽T)
心臓に悪いこともあったけど何とか北海道には上陸できたよ(笑)
しかし長いだけじゃなくて文章もあとで読み返してみればなんて拙いんだ〜って
恥ずかしいこんな日記なのに読んでくれてほんとに感謝感謝です。グス(T T)

動物を自家用車以外のものに乗せて移動する時ってそれぞれ神経使うと思うけれど
ななママの書いてくれたように飛行機での悲しい事故も記憶に新しいよね(涙)

でも誰の責任とかってことより結局自分たちのことは自分たちで守るしかないんだろうな。
(これはペットのこと以外でもそうだけれど)
同じフェリーでも以前佐渡に行った時はやっぱり夏だったんだけど
ピットはゲージごとフロントで預かってくれてエアコンの効いた場所で過ごせたの。
往復ともにクルーの方にはとても親切にしてもらってね。

今回は車内のみってことだったけどペットがいる場合は駐車場所や
係員が気をつけてくれるという話だったので安心していたんだけど
実際は・・・うーん・・・(-_-)
でも私も夜の移動だからってちょっと油断してたから反省してるの。

中にはチワワをバッグに入れて客室に持ち込んでいる人もいたっけ。
暑さに弱い小さなワンはとても車内には置いていけないものね。
ケースバイケースだろうけどとにかく事前によく確認しておくのが一番だろうね・・・

旅行の途中で会った犬連れのキャンピングカーの人たちともそんな苦労話を
したんだけれど、東京から来たというミニチュアダックスオーナーさんは
極力乗船時間を短くする為に下北半島まで走って大間(マグロで有名だよね)から
フェリーに乗ったとか。ここからなら一時間で函館まで行けるの。

でも大間まで走るのは距離的にもなかなか大変なんだよ^^;
それでもみんな大切なワンの為に頑張っているんだなぁって話を聞きながら
涙出そうだったよ。大きさにかかわらず家族の一員だもんね・・
なんてどんどん話が横道へそれちゃってごめんね〜!

>それから息子さんの大きくなった後姿にもびっくり。頼もしいね。

ななママ〜しょーもない写真なのに見てくれてありがとう!(T0T) 
いやいや、ただ体ばかりが大きくなっているだけで(笑)
大地が以前ななママに会った時はまだ子供って感じだったもんねぇ。
時間がたつのってほんとに早いよね。

旅日記はまだまだこれからが本番だけどあまり大した内容じゃないから
くれぐれも期待しないでね〜〜!笑
ななママみたいに素敵にUPできればいいのだけれど何しろセンスのない私^^;
駄文の羅列状態になってしまうと思うけれど良かったらまたチェックしてみてね♪

まだまだ残暑も続くと思うけれどご家族の皆様やワンたちどうぞ気をつけて過ごしてくださいね!

  • ピットママ
  • 2007/08/28 09:21

ピットママ、こんにちは〜!
数日間であちこちの記事を読んで、結局今頃ですが、こちらの記事にコメントさせていただきました。

以前の記事だからって、構わないよね。
私は構わないさ。

クーちゃん事件、本当に何事もなくて良かったです。
我が家の庭から脱走しただけでも、車にひかれちゃったらどうしよう!とか、凄く心配なのに、旅先で、しかも海が近くにあったとなっては、本当に・・どえらい事件だったんですよね。(思わず名古屋弁^^;!)

動物たちって・・子供(人)もかな・・「平静を装って」と言う行動、効果ありですよね。
やっぱりこっちが焦ってる、困ってる、など普通じゃないのって、すぐに伝わっちゃうんですよね。

私も日々よく、さくらに対して「平静を装って」ます。

息子さんの後姿から伝わってくるもの・・私にもなんだか伝わってきます。

何もない、誰もいない体育館に、彼が見たもの。

うん、なんかいい写真だね。
いい経験が出来たね。

>さくらこさん

さくらこさんこんにちは〜〜!!
9月に入ったら急に朝晩が涼しくなってきましたがおかわりありませんか??

お忙しい中覗きにいらしてくださっていつも本当にありがとうございます(嬉涙)
もちろん以前の記事でも全くかまわないですよぉ〜(T▽T)
かまわないどころか嬉しいです!♪
さくらこさんのお心のこもったコメントがあたたかく胸に染みて・・グス(涙)

>動物たちって・・子供(人)もかな・・「平静を装って」と言う行動、効果ありですよね。
>やっぱりこっちが焦ってる、困ってる、など普通じゃないのって、すぐに伝わっちゃうんですよね。

うんうん、まったくさくらこさんの仰るとおりですね〜!(T T)
子供や動物たちにはうまく誤魔化したもりでもこちら(大人)の気持ちが
どういう訳かすぐに伝わってしまいます。不思議ですね(笑)
嘘を知らない無垢な心だからかな・・・

考えてみれば自分が子供の時もそうだったなあと思いませんか?
親がいつもと違う時ってすぐわかっちゃって(爆)

クー脱走事件は私のうっかりミスなんですが本当に今思い出しても血の気が引きます(涙)
頭の中はもう“ギャーどうしようどうしよう〜〜〜〜〜!!”でいっぱいでしたが
叫びそうになるのを飲み込んで務めて冷静になるよう自分に言い聞かせました。
というのもこれも主人のおかげもあったんです・・^^;

何か事件が起きると慌てて大騒ぎしてしまう私(B型)とは正反対に
むしろ普段より冷静に事態把握して判断する主人(A型)・・・笑
クーが逃げた〜!の私の声を聞くなり静かにすぐ懐中電灯を持ってきてくれて。
反省したのはもちろんですがとにかく無事であったことを神様に感謝した私でしたよ〜(涙)

ちなみにクーのヒヤヒヤ事件はその後もあったんですよ。脱走ではありませんが(苦笑)
また旅日記の続きで触れたいと思います・・・^^;

それから能代での大地の写真へのコメントもありがとうございました(涙)
さくらこさんの言葉に私も何だかぐっときてしまいましたよ(T T)

黙ってただずっとコートを見ていたヤツの後ろ姿はいつになく真剣でしたが
彼にとっていい経験になってくれたかな?
これから迎える高校受験のパワーにもなってくれればいいなと思う母でした・・♪

  • ピットママ
  • 2007/09/04 09:26