ナギくんのDM闘病記録

ここに紹介するのはピットの病気、変性性脊髄症(DM)が縁で
お友達になったナギままさんの愛犬、シェパードのナギ君の闘病介護記録です。
 
ピットはコーギー、ナギ君はシェパードと犬種こそ違いますが
同じ病気ということでネット環境を持たないナギままさんに代わり
ご紹介させていただくことにしました。

DMを調べている人の力に少しでもなれるのならばと
今回ナギままさんが快諾してくださいました。
2007年9月〜2010年5月までが日記形式になっています。

変性性脊髄症の情報を探している方の情報になれば幸いです。
なお日記中に出てきますがナギ君の闘病中に同居犬の
ゴールデンレトリーバー、アンディ君を癌で亡くされています。



生前のナギ君とアンディ君です!
二匹とも病気ではありましたが実に大型犬で12歳を越えたご長寿ワンちゃんでした。
今頃はきっと天国で仲良く一緒に遊んでいるんだろうなと思わずにはいられません・・


以下少々長くなるのでたたみますね。
下記をクリックしてご覧くださいませ。
 
【2007年】

9月 
ナギの腰?足の具合が悪いことに気づく(当時9歳)

10月6日
ボールをおいかけてキャッチする時にこけることが多い。
老犬なので足腰が弱ってきたのかと思う。
雨の散歩 レインコートを着せようと片足を上げると1本の足では支えきれなくなる。

9日
初めて腰のことで動物病院へ相談へ行く。
馬尾症候群との診断。ステロイドを飲ませてしばらく安静にさせるようにとのこと。
ゲージに入れている間はじっとしているが出すと安静なんて不可能

15日
一週間ぶりに動物病院へ行く。歩き方に変化なし。

21日
フローリングではすべるのでタイルカーペットを敷き詰める。

29日
動物病院へ行く。どうも馬尾症候群だけではなく膝も悪いのかもとの診断。
先生の触診に左だけ異常に反応する。
とりあえず階段の上り下りの回数を減らして安静にさせる。それとダイエットも。




11月6日
動物病院へ行く。あまり変化なし。
  
7日
週1回だけ近所の浜で自由に走らせる。

14日
浜でふらつきながら走る。

18日
安静にさせているとストレス溜まるのか、散歩へ行くと引きが強い。

20日
動物病院へ行く。先生も原因がはっきりせずお手上げ状態。

29日
浜へ行く。走っているとあまり足のこと気にならない。

30日
ナギ10歳になる。




12月1日
散歩で走れるけれど家に帰ってきたらよろける。
運動させないとどんどん悪くなってくるような気がする。

2日
ウンチしながらこけそうになる。

7日
今日はさらに足の調子が悪そう。



【2008年】
 
1月6日
足ふらついてウンチしながらその上にすわってしまう。
ますます足の具合悪い。ただ添えているだけの様子

10日
ほとんど支えることができない。散歩でも引きがない。

18日
ペンダントイフ届く。わらをもつかむ気持ち。なんとか効いてほしい。

22日
痛みがあるのか寝ていても唸る。リマダイル飲ませ始める。

28日
動物病院へ行く。先生を相談して薬で紛らわせながら行くことに決める。

30日
小走りすると腰砕けのようになる。




2月2日
後ろ足の補助ベルトで散歩のはじまり。

20日
夕方浜へ行く。補助ベルト外してやると喜んで走り回るが両足ともふらつく。
動物病院の先生に手術したほうがよいのでは相談する。




3月23日
ナギ手術の予定
まず血液検査、レントゲンを撮ってもらったら前十字靭帯ではなさそう。
やっぱり馬尾の可能性ということで手術は中止となる。
安心したのもつかの間、脾臓に腫瘍があることがわかり後日手術となる。

25日
脾臓の手術。腫瘍がかなり大きく一部破裂していた。
1時間ほど点滴して退院。なかなか入院はさせてもらえない。

26日
痛いのかずっと唸る。明け方少し吐く
  
27日
食欲なし 28日少し食欲でる。
 
30日
順調に回復。
 



4月3日
抜糸。悪性ではなかった
これから足の治療となる。ステロイド朝夕飲ませ始める。

14日
ステロイド飲ませてもあまり足の状態変わらず。

20日
ステロイド朝だけ飲ます。

28日
アンディ亡くなる。ナギとは最後会わさず。




5月2日
足ますます良くない。

11日
ナックリングがひどいので革で足カバーつくって履かせる。

16日
MRI検査 結果ヘルニアとの診断

17日
昨日の検査のとき暴れてどこか痛めたらしく、ねながら唸る。
上半身は元気なのでなかなか安静にできない。

18日
動物病院へ行く。今後の相談。まだ原因不明。
まだいくらかは自力で歩けるし立っていられる。

25日
車椅子用に子供用自転車のタイヤ届く。
ナギぱぱ自作の車椅子。
ほぼ完成だが、足を支える部分に試行錯誤・・




後ろ足を入れる所は水道管のウレタンカバーを利用

26日
だんだんこける回数が増える。




6月1日
2階へ上げるのもかかる重みが増えてくる。
自力で上がれなくなってきている。

3日
初めて車椅子でお散歩。
お腹のところのベルトがきついのかオシッコの出方が悪い。

7日
車椅子改良する。おしっこの出方はよくなったがなんだか歩きにくそう。

8日
半年振りにシャンプーする。
運動が少ない分太っている。このままでは足によくない。

12日
前十字靭帯の損傷とのことなのでPLDDを考える。

15日
PLDDの件で九州の病院へメールする。ナギの症状では無理のよう。

22日
昼からヘルニアの手術。
30cm角ぐらい背中の毛刈り取られ、3時間ほど点滴して退院。

23日
痛みのせいか横にもなれずずっと伏せている。

25日
少し歩けるようになってくる。

28日
ふつうに立ち上がれるようになる。





7月1日
少しよくなってからは横ばい状態。本当にヘルニアだけなんだろか?
もしかして他の病気かも?

11日
抜糸。自力では立てない。
腰ベルトで散歩行くがうまくあるけない。ナックリング治らず。
公園まで車椅子で行き、リハビリを兼ねて腰ベルトで歩かす

8月7日
ウンチがでにくいので野菜を炊いて食べさせる。順調に出る。

9日
ヘルニアの手術後1ヶ月も経てば歩けるはず。やっぱりおかしい。        

11日
ウンチの出が悪いので肛門を刺激してやるとすぐ出る。
立つ気配もなく突然に・・。
足はゆっくりだと返すことができる。

13日
車椅子に乗ってウンチの気配。きばる気配。

18日
他のワンを見ると興奮して車椅子に乗りながらも後ろ足が踏ん張れる。

20日
車椅子の固定をしっかりしてやると、すごいスピードで走れるようになる。





9月4日
病状に好転がないので、別の先生のところへ相談に行く。
やはり手術して1ヶ月以上経ってよくなっていないのはおかしいとのこと。
再検査となる。

8日
MRI検査。検査前に先生より説明あり。
シェパードだけに変性性脊髄症の可能性ありと言われる。
検査後、特別な原因みつからず変性性脊髄症の可能性が大とのこと。

10日
毎日屈伸運動するとつっぱたようになっている後ろ足も少しやわらぐ。

19日
公園で車椅子から降ろしてウンチさせる。
まだ支えてやると踏ん張る力が残って自力でウンチができる。

21日
あきらめきれず、他の病院へ相談に行く。これが最後。
やっぱり変性性脊髄症とのこと。長くて1年と言われる。
ショックだがこれで覚悟ができた。介護頑張る。

22日
オシッコの出方が悪い。いつもの3割ほど

25日
今日はオシッコまずまず出ていたと思ったけれどエコーで見てもらったら
膀胱直径8センチほどにオシッコ溜まっていた。
もう自力でのオシッコも出来なくなってきている。
このままでは炎症を起こすとのことで、今日からカテーテルを入れての排尿が始まる。

27日
朝晩2回 200〜300CCでる。





10月1日
オシッコ抜いてから散歩行くが、やっぱり匂いをかぐといくらかはオシッコでる。
まだ少しは感覚が残っているらしい。

2日
オシッコをもらされる。血がまざってオレンジ色のおしっこがでる。
膀胱までカテーテルを入れず尿道で抜くと傷ついて出血するらしい。
けっこう難しい。

3日
ふつうのオシッコに戻る。

4日
おむつに結構量のおしっこもらされる。
まだ少し赤いオシッコがでる。

5日
まだオシッコ赤い。足もむくんだように腫れる。なぜ?
抗生物質(オーグメンチン)飲ませ始める。
足の傷をなめて血だらけになる。靴下をはかせる。

7日
やっとふつのオシッコにもどる。

8日
だんだん動きが悪くなる。内ももの上部が腫れる。

12日
病院で足の腫れの薬(バイトリル)出してもらう。
少し腫れが引いてくる。

13日
傷もだいぶよくなり黒いかさぶたできる。

14日
足の傷なめてまた血だらけ。
腫れは薬が効いたのかよくなってきた。

22日
腰から下を覆う袋縫う

25日
夢の中で走っているのか前足も後ろ足もわずかに動かす。
おもらしもなくなる。

29日
動けないながらもボールくわえて遊ぶ





11月1日
足の腫れ ずいぶん良くなる。

4日
後ろ足の蹴りまずまず強い。先生には反射だといわるが・・。

8日
車椅子を固定して一人で走る。なかなか元気。

9日
浜へつれていく。一人で車椅子で走り回る。

16日
病院へ行く。やっと足の腫れ完治とのこと。

21日
足また噛んで血だらけになる。

23日
訓練教室へ遊びに行く。興奮して走り回り車椅子破壊する。

27日
前足だけで歩き回る。

28日
散歩へ行っても引く力はまだまだ強い。

30日
11才迎える。





12月6日
また靴下抜いて足を噛み血だらけ。

10日
元気で車椅子でどこまでも走る。どこが悪いのだろうと思える。
ボールもってきて遊べという。

20日
まだ自力でウンチができる。感覚があるのか尻尾が動く。

21日
前足の動きが少々弱くなってきた。
上体をなかなか起こせない。オシッコの量が多い。

25日
前足が弱まっているが、車椅子に乗せるとよく走る。まだ大丈夫?

26日
オシッコ何度も抜いているのにお漏らしされる。それもかなりの量どうなってるのか?



【2009年】

1月4日
ちょっとでかけた隙にまた足噛んで血だらけ。

6日
前足、確かに弱くなっている。

8日
散歩から帰るとしんどそうで少し震える。
前足が弱まっているので上体を起こすことはできない。

9日
耳が遠くなっている。
そばで音をたててもぐっすり寝ている。病気のせい?

10日
散歩も無理できなくなっているので、寝たままウンチをさせる。

14日
水を飲むのに、水のところまで動けない。

16日
後ろ足を支えて、前足は自力で階段を登っていたが、ついに登れなくなる。

17日
後ろ足ベルトと胴体用のベルトで階段を下ろし散歩へつれていく。
車椅子に乗せるとまだ歩ける。

18日
また足血だらけ。上体を起こしにくくなっている分、足へ口が少し届きにくい。
ブレスエアー届く。

23日
散歩から帰ると震えている。寒さではない。筋肉の痙攣か?

25日
台車に乗せて散歩行く。

27日
車で浜へ散歩行く。疲れたかと思ったが案外元気。
ショップにておむつを買う。
同じ病気の子はやっぱり足などを噛み千切る子もいるとのこと。要注意!




2月1日
浜へ散歩に行く。やっぱり自力で歩くほうがよいようで車椅子に乗せるとよく歩く。
帰り疲れたのか、前足ケクケクする。

8日
フードの食べ口が悪い。
昼寝中にオシッコさせても熟睡。下半身はまったく感覚なし。

11日
お出かけ。お友達がいっぱい来てくれてナギも頑張って歩く。
夜はお疲れでよく眠る。

13日
朝、呼んでもさわっても起きないので驚く。
耳が聞こえないし、からだの感覚もなくなってきている。

15日
相変わらずすごい量のおしっこもらされる。
車椅子を4輪にする。

18日
おしっこ普通の量にもどる。おもらしもせず

23日
散歩はよく歩く。自分で方向転換できる。





3月5日
夜中にウンチ出たらしく吠えて知らせる。感覚は残っているのか?

7日
散歩 とても元気に走る。フードもよく食べる。

11日
浜へ散歩に行く。
水辺へ行きたいのか車椅子に乗せたとたん走り始める。元気。

13日
ずっと伏せしているので、肘のタコから出血

18日
タフィーのLLサイズ届く。これでゆったり





4月13日
後ろ足をささえても前足だけでは立てなくなっている

15日
前日散歩にいけなかったのでストレスたまったのか、
部屋の中を前足でなんとか動き回ったらしい。

16日
相変わらず足を噛むので長靴の底を抜いたカバーつくる。
出血もなかなか止まらない。足腐ってきているのではないか?

20日
傷の出血ひどい。抗生物質飲ませる。

5月5日
寝返り打てず起こされる。

9日
散歩がしんどそう。前足が痛い?

11日
前足が硬直してきたのか歩きにくそう。

15日
ひじの出血がひどく、肘サポーターをはめてやるが動くとずれてよくない。

17日
病院で肘のバンテージのあてかた教えてもらう。

18日
バンテージのまき方がわるくて、前足がパンパンにはれ上がる。

19日
咀嚼力も弱まってきているのか、ジャーキーをのどに詰めてしばらくゲーゲー

20日
4日ぶりに散歩行くが、あまり歩けなくなっている。少なめにして帰る。

21日
朝起きると眼球が小刻みに痙攣して、頭も持ち上がらない。
1日ついているが変化なし

22日
前日よりはすこし回復。
散歩ももう行けない。食欲もなし。

23日
食欲も元気もない。ジャージーさえ食べない。

24日
すこし回復。フードはあまり食べないがジャージーは食べるようになる。

26日
ちょっと油断したすきにまた足噛まれる。
横になるとしんどいのかほとんど横にならない。

27日
耳ダレがあり調子が悪い。耳を傾けている。
足裏のパットの細胞が死んでしまったのか、パラパラとおちる。




6月6日
台車に乗せて散歩。自力で歩けないかおもしろくなさそう。

8日
上半身もだいぶ麻痺がきている。ほとんど自力では動けない。

11日
右目の様子がおかしい。あまり見えてないのかも?

12日
おしっこもらす。

14日
おしっこよく出る。
あごに出来た湿疹と肘の血でシーツは血だらけ。
寝返り打たせて左をしたにすると起き上がれない。
まだ右下は大丈夫

16日
夕方血尿でる。とりあえず抗生物質飲ませ始める。

18日
オシッコの色普通にもどる。

28日
右ふとももに床ずれができる。腰の筋肉が落ちて細くなる。
耳アカがひどいので掃除をしてやる。少しマシ。





7月4日
上体もおこしにくそう。ときどきのどに詰めたように咳き込む。

8日
オシッコもれたので洗う。
床ずれの部分にドーナツクッションを引く。テラマイシン軟膏塗る。

9日
血尿でる。床ずれ少しマシ

12日
フード小粒にする。おかずに混ぜると食べやすそう。
硬いものは飲み込みにくい

15日
右下(床ずれ面が上)にすると状態がよくない。

30日
床ずれの面を上にして一日おくと体調がよくない





8月3日
右下にすると自力では上体を起こせない。

5日
水を勢いよく飲むとのどにからんだようなセキをする。

7日
ナギぱぱ作、ナギ用デカベット完成!


9日
床ずれ、穴があいたようになる。

10日
おしっこの状態以外は元気。膀胱炎かも?
また抗生物質飲ませはじめる。

14日
なるべく床ずれ面を上向けて寝かせるが落ち着かない様子

15日
おやつもフードもたくさん食べるが、食べたあと少ししんどうそう。

16日
ソリコセシル軟膏を塗って、だいぶ床ずれマシになる。
イフペンダントつける。






9月1日
食欲もあり元気

4日
抗生物質が効いてきたのかおもらしがなくなってきた

7日
床ずれのところを噛んで血だらけになる
舐め防止の為、木でトンネル状のカバーを作る。


11日
おもらしなくなる。上半身をベットから落としてあえいでいた。
まだ上半身は動ける。

15日
右下だと起き上がれない。反対だと起きて伏せも自力でできる。

16日
右下にするといやがって動いたらしくベットから落ちる。
食欲もあり元気

19日
腰の床ずれ、トンネル状のカバーのおかげでだいぶよくなる。

22日
前足の状態がよくない。お手がかろうじて出来るが・・。

25日
おしっこシートやぶったりひっぱったりと暴れる。

26日
トンネル状のカバー固定してなかった為に落として
また床ずれを噛んで血だらけ。どうしたらよいのか?

27日
元気で動けないストレスからか吠えまくる。

28日
自力で上体をおこしにくくなっているが元気



10月4日
あまり横になって寝ない。伏せの状態で寝ることが多い。

5日
目が赤い。

11日
シーツで目を擦って充血する。

12日
右下にすると暴れてベットの手すりを噛む。また暴れる力残っている。

16日
またまたベットからおちる。ベットに落下防止の板つける。

20日
ちょっと油断してすきにまた足噛む。骨が見えるほどかんで血だらけ。

30日
動けないイライラからかシーツを破いたり、吠えたりする。

11月2日
おしっこの感覚はあるのか、夜中に起こす。
おしっこさせれるとおとなしく寝る。

6日
上体を起こすのは厳しい。
前左手は動くが右手が動かなくなってきている。

7日
耳が聞こえないので、人が来ても気づかず寝ている。

11日
起こしても頭が持ち上がらない。

21日
食欲はあるが食べにくそう。
特に右下に寝かせているとより食べにくそう。

25日
足の運動をさせていないとかたまったようになる。

28日
上体を起こしてやっても支えていないとすぐこけてしまう。
左下の状態だとすこしマシ。
マンマリゾもらう。今日からフードに混ぜる。

30日
無事に12才迎える。ケーキ食べる。
 




12月2日
さつまいものつぶしたものとマンマリゾ混ぜて与える。

5日
足も重ね方でむくんだように腫れる。

6日
自力では食べにくそうなのでスプーンで一口づつ食べさせる。
鼻も乾燥してつまったようになり掃除する。

8日
吠えるがほとんど声でず。かすれてる。

9日
前足のパットもポロポロと取れる。

12日
もうひとつ横に床ずれできる。2つがひっつきそう
大きめのドーナツクッション作る。

17日
からだも固まってきているのか、動かすたびにあちこちボキボキいう。

22日
顔の筋肉もなくなってきているのか耳の付け根あたりがへこんだようになる。

26日
目の周りの筋肉もへこむ。




【2010年】

1月2日
床ずれよくなる。

5日
右目があまり見えていないような・・。

9日
反対側の床ずれがひどくなる。
獣医さんに往診してもらい縫合してもらう。
まったく痛み感じていない。

12日
縫合してもらったところよくなってきた。

19日
右下にすると息がしにくいように思える。
左下にすると楽そうだが、床ずれができている方向が下になるのでよくない。

23日
右下にすると肺に圧迫がかかっているのかもと言われる。
ひきつったような息をするので怖い。

26日
頭がもちあげられないのでごはんを食べるのに時間がかかる。
床ずれと寝かす方向を同時に考えなければならない。





2月1日
縫合してもらったがまた裂けたようになる。
筋肉がないので皮が寄ってこない。

5日
フード食べない。あまり吠えない。

7日
食べるのがつらそう。プリンやケーキなどはなんとか食べる。

10日
少しよくなる。よっぽど生命力ある。

13日
またフード食べるようになる。

15日
床ずれよくならないのでベッドに穴あけて圧迫を取る。



17日
おかずを混ぜるとまたよく食べる。

22日
おきていると息がしにくそうなときがあるが、寝ているとふつう。

26日
食欲はあるが続けて食べるのはしんどい。

27日
首から上しか動けないが、それでもシーツを引っ張ってやぶる。





3月7日
足が時々すごく冷たくなる。ふとんをかぶせると暖かくなるのに。

10日
床ずれ1つは完治

16日
水がのみにくそう

18日
首から上だけでよく動く。

23日
とっても元気。麻痺の進行もここまでかと思えるぐらい。





4月7日
少し弱った

8日
食欲はあるが、大きいもの硬いものは危険

10日
からだ全体が硬くなってきている。

12日
食べるときに口の開け方が小さい。
目が見えているのか?鼻は効いているのかわからない状態。

13日
頭は上がらない。だいぶ上の方まで麻痺がきているのがわかる。

14日
上体を起こしてやってもすぐこける。支えきれない。

15日
寝かせたままごはん食べさせるほうが楽そう。しかもゆっくり。

17日
食べるのもしんどそう。食べたいのに食べれないのかもしれない。

22日
寝ていてすこし痙攣?起こしているように見える。

23日
感覚がないのか、寝ているときに首のあたりをさわっても起きない。

25日
フードも食べにくそう。口からもれる。

27日
口が動かせない。フード食べるのにも時間がかかる。
意識がはっきりしているのに。

28日
アンディの命日。今日、がっくり弱る。
フードほんの少ししか食べれない。口へ入れてものどの奥へ送れない。
首から下が固くなる。

29日
目の力もなくなる。牛乳も飲めない。





5月3日
お空へ旅たつ。12才5ヶ月3日
最後まで私たちの帰るのを待っていてくれた。
看取れてよかった
 
=================================================
 
 
 
・・ナギままさん、大切な日記を公開していただきありがとうございました!
お仕事を持ちながら大きな体のナギ君を長期間介護されて
こうして記録も残し本当に大変だったと思います。
壮絶なまでの病気との闘いに胸が詰まりました・・・
そんな中、私やピットに励ましのコメントやメールもくださっていたのです(涙)
 
病気の進行にその都度対応するのはなかなか難しいことで
経験された方の情報があることは何より心強いです!
私もたくさん勉強させていただきました!
これからのピットとの生活に役立てていこうと思います。
貴重な情報を提供していただき本当にありがとうございました。
コメント

こんばんは ピットママさん 

 今日はナギ君の闘病記録を読ませていただきました。  涙があふれてとまらなかったです。   ナギ君がナギママさんと頑張って生きた様子が、とてもリアルに、そして、一生懸命で、哀しく 幸せで 言葉にできない気持ちです。   憎きDMという病気には勝てなったかもしれないけれど、愛されて看取られてお空に旅立ったナギ君は やはり、幸せでしたね。    また いまからも何回も何回も読ませていただきます。    何度も読んで参考にさせていただきます。ナギママさんも、お忙しいのに、このような記録をこまめに残されて、私にはとても真似できない思いです。    私がケリーのことで残している記録といったら、『健康日記』みたいなもので、毎日量る体重や、おしっこや、ウンチの様子と、お熱の記録と、あとは、お散歩の時間くらいのものですが、でも、私にできる限りのことを、私もケリーにしてあげたいと思いました。ピットママさんのブログをお借りして、ほんとうに、ナギママさん、お疲れさまでした。うちのケリーも同じような経緯をたどり、そして、いつか、お空に旅立ったとしたら、その時は、天国で仲良くしてやってください。   ピット君やピットママさん同様 私も、あらためて、ケリーを最後まで 私にできる方法で お世話をしてあげたいと思います。   明日は そのリハビリの3回目のハイドロセラピーにまたいってきます。ピットママさん そして、ナギママさん 闘病記録をありがとうございました。     ケリーママ

  • 2010/07/13 21:34

ピットママさん

この度はナギの闘病日記を載せていただき有難うございました。
ピットくんの介護とご自身のお仕事、またユキちゃんの具合の悪い中、お手数をおかけしました。
これがささやかでも同じ病気で苦しんでおられるワンちゃんやそのご家族の気持ちの支えになるようになれば、私も亡くなったナギも幸せです。

そして何より今はユキちゃんの病気が深刻なものでありませんように祈るばかりです。




そしてこの場をおかりして、ケリーママさんへ

ナギの闘病記録を読んでいただいて有難うございました。
発病して2年半、病名がわかって1年半、四肢が麻痺になって1年という長い長い闘病生活でしたが、ほんとうに頑張って生き抜いてくれました。
ピットママさんに闘病記録の事、お声かけていただき、メモ程度に書き記したのもをまとめてみましたが、あらためて読み返すと、こんなこともあった、こうすればよかったなんてことが、次々思い浮かんできました。
闘病の期間は気持ちは本当につらかったですが、頑張るしかないって、前向きに頑張ってきました。
ケリーママさんも悲しい顔をみせないで、ケリーちゃんとこれからもいっぱい楽しい思い出増やして下さいね。
私でよければ相談相手ぐらいならできるので連絡ください。
がんばれ!!

                ナギまま


  • ナギまま
  • 2010/07/14 15:16

☆ケリーママさんへ

こんにちは、ケリーママさん!!
ナギ君の闘病記録を読んでくださってのご感想ありがとうございました・・(涙)

正直今病気と闘っている方にはつらく感じる部分もあると思いますが
実際に経験された方の記録は貴重ですよね。
ナギままさんが少しでも何かのお役に立てればとお忙しい中一生懸命まとめてくださったのです。
こうしてご紹介をさせていただけて私も本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ケリーママさんもこうしてお気持ちを聞かせてくださってありがとうございました!

>このような記録をこまめに残されて、私にはとても真似できない思いです。

ナギままさんの愛情や悩み、悔しさ、憤りなどが痛いくらい伝わってきますね・・
私も涙なしには拝見できませんでした。
そして何かしなくてはとナギままさんに背中を押してもらったようでもありました。

今までたまに日記を更新するくらいで気が付けば毎日どんどん過ぎてしまって。
小さなことでもいいから気づいた時忘れないうちに残しておかなくてはですね。
ケリーママさんもケリー君の治療や歩かせる為のご努力頑張っていらして!
ここに寄せてくださるコメントだけでも詳細で勉強されていらっしゃるなと思います。
私もお二人を見習わねばと思います・・(涙)

そうそう、これは余談ですが我々三人全員B型ですー(笑)
ナギままさんとても懐が大きく素敵な方でケリーママさんのことも心配してくださってますよ。
良かったら気軽にお声かけしてくださいね!

ところでケリー君三度目の治療も楽しく泳げたかな?
いっぱい足を動かして神経や筋肉への刺激と全身運動ができていいですね!
ケリーママさんもお忙しい中大変と思いますがケリー君のサポート頑張ってください。
もうじき鬱陶しい梅雨も明けるようですが今度は暑さに気を遣いますね・・
この夏を元気で乗り切れるようお互い頑張りましょうね☆

  • ピットママ
  • 2010/07/15 23:42

☆ナギままさんへ

こんにちはナギままさんー!!!
昨日は朝早くから失礼しました(汗)
こちらこそ大切な記録を拝見させていただき本当にありがとうございました!

闘病記録、編集しながら何度涙してしまったかわかりません。
まさに病との闘いの日々だったのですね・・
お会いした時小柄なナギままさんが大きなナギ君の為に体を張って
一緒に頑張っていらしたんだなと胸が熱くなって言葉が見つかりませんでした。
お忙しい日々の中、大切な体験記録をまとめてくださりありがとうございました!
こうして公開させていただけたことに心より感謝申し上げます(涙)

ピットは麻痺は進んでいるもののまだ歩けないだけで
幸い他はしっかりしていますので少しでも進行を遅らせるべく
とにかく毎日の散歩を頑張りますね!
ナギままさんがいつも力付けてくださりどれだけ勇気をいただいているか。
何度か心が負けそうになった時も頂いたメールを読み返すと元気が出ます!
これからもどうか見守ってやってくださいませ・・涙

それからユキもご心配いただきありがとうございます!
今日も相変わらず元気はいいもののやはり呼吸が早く気になります。
早く病気がはっきりするといいのですが・・
来週にでもまた診ていただくつもりですよ。

そしてそしてケリーママさんにもお声かけありがとうございました!(嬉涙)
私も自分だけじゃないんだと励まされます・・!
病気でなくてもいずれ老いを迎えれば介護になります。
治らない病気と思うと暗澹たる気持ちになってしまいますが
前向きに考えてこれからの時間を過ごしていけたらいいなと思います。
ナギままさんの介護記録に励ましをいただきながら頑張りますね!

  • ピットママ
  • 2010/07/15 23:44

こんばんは^^この前はこちらの闘病記を教えていただきありがとうございます。読み始めて、あまりにも辛く都中で読むのをやめてしまいました。
やっと勇気を出してさっき読み終えました。
でもとても参考になる闘病記でした。
ウチはまだ発症して半年、これからどんな事が起きてしまうのか不安でたまりませんでしたが、少し覚悟できたような気がします。
ナギままさんに、くれぐれもよろしくお伝え下さい。

  • りりばあ
  • 2010/10/27 22:02

☆りりばあ様へ

りりばあさんご無沙汰しております!
以前はそちらでつい長々とコメントをしてしまいましたが
丁寧なお返事をどうもありがとうございました!
嬉しく拝見させていただきましたよー嬉涙

ところでナギ君の闘病記録、見てくださったとのこと
どうもありがとうございました・・!
とてもおつらかったと思いますが読んでくださったことに心より感謝いたします。

私も犬種は違いますがピットがこの病気ということで
何かある度、壁にぶつかる度、ナギママさんに励まされてここまできました。
これからまた様々な悩みが出てくると思いますが見守ってくれる方々に支えられつつピットと闘っていくつもりです。

りりばあさんも先のことを考えるとおつらい気持ちになってしまうかもしれませんが
現実を見据えて今できることを精一杯続けていきましょうね・・!
DMは進行が遅いのが幸いで運動療法が効果的ということもわかっています。
動きが鈍くなってきても決して諦めないでくださいね。

なんて書いている私も気持ちが整理できるようになったのはつい最近のような気がします。
先日も夜中にピットが走り回っている夢を見て嬉しい気持ちだったのに
ふと目が覚めて横に寝ているピットを見たら涙が止まらなくなってしまったり。
ほんとこんな弱い自分で情けないですがこうしてネットを介し
同じ状況の方が頑張っていることを思うと自分もまた前を向けるのです。
りりばあさんも不安でいっぱいとは思いますが一人で抱え込まず
身近なお友達や私などでは大してお力にもなれませんが気軽にお声かけてくださいね。
ナギママさんにもまたりりばあさんのことをお伝えしておきますね。
本当にどうもありがとうございました!
またお礼に伺わせていただきますね!

  • ピットママ
  • 2010/10/28 21:05