猫話

1/3のことです。
クーとユキが正月早々脱走するという事件が起こりました

完全室内飼いのうちの猫たち。
クーが窓やドアを開けるのが得意で普段から窓(網戸含)には突っ張り棒で
脱走防止対策をしているのですがたまたま暮れの大掃除で
うっかりこれを外したままになっていた場所があったのです。

そんなこととは露知らず窓を開けて掃除機をかけていた私。
ふと庭を見るとなにやら動き回っている動物が眼に入りました。
近所の猫?と何気に見ればそれは楽しそうに走り回るクーとユキではありませんか!

「ギョエー!正月早々いったい奴等どこからっ!?」

ハッ!と開けていた窓を見ればいつものように閉まっているはずの網戸が全開だぁ〜
運悪くこの時家には私一人だけ。
二匹一緒の逃亡に焦りましたがとにかくすぐ表に出ました。
慌てて追いかけると捕まらないと咄嗟に思いそーっと近寄ってみました。

まずはクー、果たして私を見るとくるりと背を向け走り出しました。
しかし普段からおっとり者のクー、逃げ足が遅い(笑)
これはすぐ確保できるかなと思いましたがどっこい、手の届きそうな距離になると
スッと離れてしまいなかなか確保できません。
でも家の周りを何周か追いかけた末なんとか逮捕(涙)

さて次はユキですが姿が見えずクーを捕まえている間に庭を出てしまったかと
一瞬青くなりましたが探すと車の下に潜んでいました。
でもこれがまたなかなか捕まらない〜泣
そこで大好きなオヤツで釣る作戦でようやくこちらも無事身柄確保。
油断は禁物を再確認させられた正月の出来事でした


外の楽しさに味を占めてしまったのでしょう。
出たいにゃアピールが今も激しい猫どもです(苦笑)


猫の話題をもうひとつ。

昨年末、ネットを通じ乳び胸についてのお問い合わせをいただきました。
飼っている猫ちゃんがこの病気にかかってしまったとのことで
治療法についてのご質問でしたがその後その猫ちゃんが
順調に回復に向かっているとのお知らせが届きました!本当に良かったです!

ユキも今は幸い乳び胸を克服していますがあの頃の緊張感を
忘れずにこれからも過ごしていきたいと思います(涙)
みんなのおうちのワンニャンたちがどうか今年も穏やかに過ごせますように。



2014年のお正月も既に終わりですがあらためて今年もよろしくお願いいたします。
1