<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2007.09.23 Sunday

北海道上陸二日目

ユキが来てからすっかり放置されていた北海道旅日記でしたね、ごめんなさい汗
既に皆様の記憶から忘れられているかもしれませんが上陸ニ日目から再開したいと思います^^;



さて8/11小樽にて1泊した我家。
朝はやはり早起きなクーたまに5時頃起こされました・・(笑)

まだ眠い目をこすりこすり狭い寝床から這い出すと既に外は明るくなっており快晴の様子!
曇天ベースだった昨日に比べると嬉しい気持ちではありましたが
強い陽射しのおかげで車内は既にかなり暑くなっていました(T_T) 

まだ眠っていたピットもはぁはぁと舌を出していたので急ぎ外に出してやり散歩、
その後クーも一緒に朝ゴハン。
食べさせている間にゲージやピットのスペース部分の掃除などをして
ひととおり終わったら今度は汗だくで眠っている人間たちを起こして今日も出発です!

少々愚痴になってしまいますが。

涼しさを期待して来た今回の北海道ですがたまたま例年にない記録的暑さが
続いたという時期に旅行日程がバッチリ重なってしまいました(涙)

しかし朝晩は本州に比べたらやっぱり過ごしやすかった〜♪
経験した方はわかると思いますが夏の車中泊の蒸し暑さ・・なかなか眠れないんです

でも今回はほとんど窓を開けなくても寝ることができたし、もし開けたとしても
夏の夜には当然のように悩まされる蚊がいませんでした。
いつも必ず蚊にくわれる娘はこれには大感激!
おかげでみんな毎晩しっかり眠ることができました。さすが北海道ですね拍手
っておっと話が脱線脱線、毎度ごめんなさい^^;

さて今日は札幌にいる妹夫婦たちの所に向います。
その前にせっかくなのでもう少しだけ小樽を散策。

朝ゴハンをコンビニで仕入れたら事前にチェックしていた山の上の小さな公園へ。
駐車場が林の中にあり涼しくておまけに誰もいなかったので静かに過ごせました。
ピットとクーもリードをつけて外に出してやったら気持ち良さそうに伸びたりじゃれたり。
毎日車の移動ばかりなので僅かですが彼らには楽しい時間だったと思います嬉しい



これは公園近くの港で・・・
こうして見ると我家のロザリンはピットに負けないくらいの胴長ですね(爆)
遠くに見えているのは小樽の町です。

しかし天気が良すぎて朝から本当に厳しい陽射しおてんき
暑さももちろんですが外では眩しくて目を開けているのも困難なほどで
それはそれはもう強力な紫外線でした〜(T_T)



小樽と言えば一応ここもということで石原裕次郎記念館にも寄ってみましたよ♪
といってもまだ早朝だったので入館はせず無邪気なオッサンをパチリ。笑
片手にグラスでもあればもう少し絵になったかも?(爆)



小樽の町並みはどこか懐かしくゆっくりとした空気が流れているようです・・

名残惜しい気持ちについつい寄り道ばかりしていたら既に昼近くになっていました!
妹たちと昼食を一緒に食べることになっていたので慌てて高速に・・!笑
道は問題なくスムーズで30分ほどで札幌に到着できました。
今まで見てきた自然いっぱいの風景から外は一変して都会を思わせる風景にガラリと
変って。

高速を下りると妹たちの住む場所はすぐ近くでした。
10分も走らないうちに懐かしい顔顔顔!!
妹や義弟、姪っ子たちの元気な声が出迎えてくれてピットも久しぶりのご対面ですラブ

クーは初対面でしたが動物が大好きな姪たちということもありすぐに慣れてくれました。
今までの旅の話などにも花が咲きましたが気がつけば時刻は既に昼を過ぎています。
みんなで美味しいものを食べよう〜!ということで再び高速に(笑)

義弟が連れて行ってくれたのは札幌から少々離れた場所でしたが新千歳空港近くの焼肉屋さん。
その店は幹線道路から脇道に入った場所にありひっそりとまるで森の中にある秘密の隠れ家のようでした。
ぶっとい柱で組まれた見事なログハウスの一軒家で外までお肉の焼けるいいニオイが・・

既に腹ペコな一同、さぁレッツラゴー!の前にあまりにも外が暑いので残していく
ピットたちの為にエアコンを止める訳にいかず、地球に優しくなくて申し訳ないので
すがエンジンをかけたままいざ昼メシへ!
普段からグルメな義弟の選んでくれた店です。
もうそれはそれはほっぺの落ちるくらい美味しいお肉さんたちでございました・・至福(涙目)

あと野菜がすべて甘いのにびっくり!
暑かったこともあり冷えたトマトのサラダも格別に美味しかったです(T▽T)
自家製のコンソメスープや焼きたてパンもありみんな大満足。
パンは車で留守番のピットたちへのお土産用に少し残しました。

北海道ということでラム肉もいただいたのですがあの独特の香りがまったく無く
素晴らしく美味しかったです!(再涙)
暑い中なぜかエアコンの効いていない店内で扇風機の奪い合いをしながら
汗だくになって食べまくった一同でありました(笑)

少し遅くなったお昼を済ませたら再び札幌方面に戻ります。
途中川遊びの為ちょっと寄り道♪

義弟と息子、主人がつり竿を持って出掛けている間に私と妹、姪たちは
川沿いにあった公園でピットたちとフリスビーなどして遊びました。
娘は眠りこけていて起きないので車番がてら放置・・・(爆)

我々が公園で楽しく遊んでいると途中でミニピン2頭連れを連れた
ちょっと派手な雰囲気のご夫婦がやってきました。
すぐに犬をノーリードにしたのはいいのですがその犬たちが
ピットや姪たちの所に飛んできてしつこくまとわりつき吠えはじめたのです。

小さな犬とはいえ私ももしかしたら噛まれるのではと感じたくらいなので
姪たちはとても恐かったと思います・・・・
(ピットは相手の犬がノーリードになったのを見てからすぐ私が引き寄せて抱えてい
ました)

でも飼い主はただ犬の名前を呼ぶだけでこちらに来ようともしないので
早々に公園を立ち去りましたが呼び戻しのきかない犬たちらしく
いつまでもしつこく追って来て嫌な思いをしました・・・怒りマーク

さて車に戻ってみるとちょうど釣り遊びを終えた男軍団も帰っていたので再び出発!
時間がたつのは早いもので既に西日が眩しい時刻になっていました。
その後札幌の町を妹や義弟の案内で車でまさにバス観光(爆)


北海道庁旧本庁舎です。名所ということで多くの観光客で賑わっていました。



あっと言う間に通りすぎた時計台(笑)
窓にフィルムを貼った車内からの撮影でこんな色ですが・・・スイマセン(T_T)



大通り公園脇にたくさんの観光バスが駐車していたので我々も隅っこにちょいと便乗
(笑)
急ぎ撮ってきたさっぽろテレピ塔です

そして晩ご飯には楽しみにしていた札幌ラーメンです〜〜〜!ラーメン
「すみれ」さんでいただきました♪
繁華街から少し外れた通りにあり車の大きな我家でもゆったり留められる駐車場が
あったので助かりました。
ついでにピットたちもここで晩ゴハン♪

さて待望のラーメンはというとやはり美味しかったです!
静岡の方では美味しい味噌ラーメンが少ないので嬉しかったなぁ。
特に口の中でほろりととろけてしまうチャーシューは絶品でした(涙)
肉大好き男の息子はもう大喜びで。


かなりこってりとしたスープで最後がちょっときつかったですが
汗びっしょりになりながら家族みんなで美味しくいただきました!
(冬に食べたらとても体が温まるだろうなぁと思いました♪)

この日あちこち連れて行ってくれた妹夫婦には感謝感謝です・・・
二人とも楽しい時間をありがとう〜!!

さて、みんながお腹いっぱいになったところで一度妹たちの住む社宅へ戻り近所の日
帰り温泉へ。

こちらのお風呂ですが立派な施設なのに驚きの低料金!!
スタッフの対応も気持ち良くいいお湯でしたよ〜(T▽T)
思わず翌日も利用させていただいてしまいました♪
家の近くにこんな場所があるなんて妹たちが羨ましい〜〜!(笑)
今日も暑くて汗だくだくの一日でしたが温泉のおかげですっかりリフレッシュできました。

今夜はこのまま社宅の駐車場で眠ればと妹夫婦が言ってくれましたが、
知らない土地へ来たら少しでもあちこち走り回りたいうちのトーチャン。
姪たちと遊んでいる娘だけお泊まりを頼んで我々は寝床探しです(笑)

いつも寝床探しは適当なのですがうろうろ走りまわっているうちに
石狩湾沿いの海岸に大きな駐車場を発見♪
浜では大勢の人がキャンプしている様子です。
駐車場は自由に開放されているようだったので今夜の宿はここに決定。

遅い時刻だったのですぐに就寝しようと準備をしていたら外から
“オーイ星がすごいから来てみろ〜”と主人の呼ぶ声が。

チッめんどいなと思いながらも出てみると・・・見上げた空には満天の星、星、星!!
まるで今にも降り注いでくるかのような見事な星空でした・・・・!

旅に出るとTVやネットなど一切見ない我家なのであとで知ったのですが
たまたま流星群が見られる時期に当たっていたようでした。

こりゃもしかしたら流れ星が見られるかな?なーんて思った瞬間から流れる流れる!
!(笑)
5分ほど空を見上げている間に3つほど。
あっという間ですがすうっと光の帯が流れて・・・神秘的で本当に綺麗でしたよ。
ピットも夜の散歩がてら出してやってしばし光のショーに酔いました。

ずっとずっと見ていたかったのですが明日のこともあるし名残惜しく就寝しましたが
思いがけず感動してしまった石狩海岸でした(涙)

さて翌13日は妹と姪っ子たちを連れて富良野〜美瑛〜そして私には待望の旭山動物
園コースです♪
自然いっぱいの北海道らしい風景に出会えましたよ!!
続きをお楽しみに・・・・笑

2007.08.28 Tuesday

北海道上陸一日目

北海道旅日記、ボソボソ更新ですがすいませんあせあせ



さて、いよいよ我家のロザリン号とその仲間たち(爆)は北の大地へと上陸です!
時刻は真夜中の2時でしたが私は嬉しさから思わず一人、

「はぁ〜〜〜るばるぅ〜〜きたぜぇはぁぁぁこぉだぁてぇぇぇぇぇぇ〜〜〜るんるん
ヴっ!ゴホゴホゴホゲホゲホっ。咳が出てるの忘れてた冷や汗

こんなアホな私を誰も相手にしてくれないのは言うまでもありませんでしたが
ドライバーの主人から黙って地図を渡されて。
ロザリンのナビがまだ眠っているらしく青森港のままフリーズしとりました^^;
(ちなみに佐渡に渡った時も同じでした。笑)

まーそのうち動き出すさと車は走り出しましたがとりあえず朝まで眠る場所探しです。
幸い函館港の近くに車を置けそうな広い場所があったので隅っこを拝借。
数時間でしたがみんなゆっくり休むことができました。

さて翌朝はゲージに入れてあるクー様にみゃーみゃーと起こされて(涙)
外は明るくなってましたがとにかく眠かったのでしばらく放置。
しかし誰も起きてこないので仕方なく私が起床してみればまだ5時です〜(T0T)
嗚呼クーたま・・もう少し母さんは寝たいのですが・・涙

でもやっぱり可哀想なので結局そのまま起きました(笑)
ピットの散歩やクーのゲージの掃除やゴハン、二匹と遊んであげたりしていたら
気がつけばあっと言う間に6時を回って。
どこに行ってもこれは結局私の仕事なのね・・・グスン

朝の天気は曇りでどんよりとしていましたがかえってノスタルジックな雰囲気。
ぐすぐずしていたら時間がもったいないのでみんなを起こして朝メシ探しに出発です。
幸いナビも目を覚ましてくれたようで(爆)

近くの函館朝市で海鮮丼を食べようということになり駐車場探し。
市場裏手に広くて料金も安い場所があったので(300円)車を置いていざ出陣です!!
と意気込んで出掛けたのはいいのですが朝から食べるにはあまりにも大きいサイズの丼物ばかり。

とても美味しそうだけれど値段も高いしなぁ・・・
と貧乏な大蔵省としては躊躇してしまいたくさんのお店を物色していると
子供達が500円丼というのを発見!
丼というよりは大きなお茶碗サイズでしたが新鮮な具もたっぷり乗っていて
朝食には兆度良い量でした♪

あと北海道に来たらやっぱり大きなホッケを食べたかったので早速焼いてもらいました。
魚大好きな我家の面々も大満足の美味しさでした〜けぷっ^^v
さて、お腹も満ちたりたところで再び北海道の旅に出発。
今日は小樽を目指してこれまたひたすら走ります。

しばらく函館の町の風景を楽しみながら走っていたのですが差しかかった交差点で
派手なバスと遭遇。見れば日ハムのカラーリングとロゴでは。
おおーさすが北海道!!?
ちょうど真後を走れたのですがタイミング良く路面電車も来て一緒にパチリ♪



もしかして選手が乗っていたりして?なんて呑気に見ていると車が途中で横に並んだ時、
「ギャー!ダル様!!ダル様だよぉ〜〜!!」と娘の雄叫びが響き渡りました。
言われてみれば沿道の人たちがバスを追い掛けながら手を振っていたりします。



慌てて適当に撮ったのでダル様はフレームに納まらなかったのですが残念(T_T)
この大きさならちょっとだけ載せても大丈夫かな?・・・^^;
北海道に来てこんな嬉しいハプニングもありましたが一応函館らしい景色も探してみましたよ。



石畳の坂道から何となくでも雰囲気が味わっていただけるでしょうか・・
(車内からばかりの撮影でごめんなさい)
函館は旅の最後に宿に1泊してきたのでまたあらためてのちほど紹介しますね♪

さて冒頭の地図にもあるようにこの日は小樽を目指します。
長万部までは高速も利用できましたがそこはせっかくの北海道、
景色も楽しみながらということであえて下道を走って行きました。

途中、道内で初めてガソリンを入れてついでにここまで頑張ってきたロザリンも
家族みんなで洗車してあげてピカピカに気持ちよくなりました。
昼はコンビニで買ったお蕎麦で簡単に。

途中ピットたちの休憩もとりながら噴火湾の海岸線を眺めつつ長万部まで走り
ここからは山道に入ります。
かなり長い距離でしたがニセコや羊蹄山付近の景色を見ながら石狩湾までドライブしました。

山道といってもそんなに険しい道ではなく途中道の駅も何箇所かありましたから
休憩も十分とることができて。
どこにも地元で採れた果物(さくらんぼが多かった)や新鮮野菜がいっぱいで
主婦としてはみんな美味しそうで買って帰りたかったですがまだ先の日程が長いので涙。

どこで買ったか忘れてしまったけれど手作りのパンがとても美味しくて
あっと言う間にみんなの胃袋に。笑
もちろんジャガバタやとうもろこしもしっかりいっぱい食べました〜笑
ピットたちにも少しおすそ分け♪二匹ともパン大好きなんですよ。

そんな山道の長いドライブでしたが夕方頃石狩湾にぶつかってやっと終わりです。
ここまで来ると目的地の小樽まではもうあとわずか。
この日は海山の単調な風景と溜まってきた疲れに眠気との戦いだった主人でしたが
小樽を目前にやっと目が醒めた様子。
とーちゃんお疲れさまです・・・(T T)

小樽に着くとすぐに大きな日帰り温泉を見つけたので今夜はここだねとまずチェック。
観光のメインは運河と周辺の買物エリアですがロザリンの置ける駐車場がなかなか見つかりません。
観光バス用はありましたが料金が高いのでパス。

でもこんな時は慌てず少し離れた場所を探せば大抵見つかります。
料金も格安であることが多く駐車場のオッチャンとの交渉次第では更に安くなることも珍しくありません(笑)
今回もこのパターンでかなり安く長時間駐車ができました♪

小樽は函館と雰囲気が似ているなと思ったのですがやはり風景が何ともいえずレトロで
特に暗くなってからライトアップされた様子がまたロマンチック!!
街角でジャズバンドの生演奏があったりとっても素敵な雰囲気でしたよ〜。
ショッピングエリアもたっぷりあってずいぶん長い時間散策しました。
娘が、家族と歩く場所じゃないよねと一人ボヤいてましたが・・(爆)


小樽は見る方に夢中であまり写真を撮らなかったのですが(←後悔)信号待ちでの
我家の面々をパチリ。
ほんのわずかですが“後ろの風景のみ”をお楽しみくださいませ(笑)

さてピットたちですが可哀想だけどここはちょっと車でお留守番。
晩ゴハンをあげてからのんびり港周辺を散歩してあげましたが慣れない土地のせいか
落ちつかずソワソワのピット。
今回の旅は一箇所にゆっくりできなかったので二匹にとっては留守番ばかりで
申し訳ない気持ちでした(T_T)

ピットたちのゴハンがすんだらさぁ人間たちも餌探しです!!(笑)
道中つまみ食いばかりしていたけれどやっぱりおなかはしっかり空くんですね(爆)

ラーメンの美味しそうな店があって食べたかったのですが、札幌にいる妹たちを
訪ねた時のお楽しみということでここはガマン。
海鮮&お肉の食べ放題でお寿司、ジンギスカンなどお腹いっぱい食べまくりました〜!
って何だか食べてばかりですねぇ・・・ゴメンナサイ^^;

さあお腹がいっぱいになったら今度はお風呂です。
小樽に来てすぐに見つけていた場所にさっそくレッツラゴ〜!

余談ですが今回の旅はどこに行ってもお風呂にはほんと恵まれていて
一番料金の高い所でも600円でした。
それも全部天然温泉でお風呂の種類も豊富という嬉しさ!!
今まであちこち旅行しましたが北海道は低料金で設備の充実した所が多く感激でしたね(涙)

エアコンの効いた車で移動しているとはいえ蒸し暑い夏。
特に小樽はたくさん歩いたので汗だくになった面々にはお風呂は天国のような時間でした(T▽T)
お風呂の前にコインランドリーもあったのでついでに今までの洗濯物を洗えて大助かり。
夜はすぐ近くにあった24時間営業の大きなスーパーで買出しついでに朝まで眠らせてもらいました。
夜中に暴走するバイクの皆様がやってきてちょっとにぎやかでしたが・・・^^;

さて翌日は妹たちのいる札幌に向います!
まだまだ長い日記になりそうですがよかったら続きもお付き合いくださいね汗

2007.08.25 Saturday

いよいよ出発です

さて今回の旅行記・・
文章力の無い自分できっと長くなってしまうと思いますが少しづつ書いていきますね^^;

北海道に行くことを決めてからはまずフェリーの予約から。
今回は行きも帰りも“青森〜函館”、片道4時間程度です。

乗船は基本的に動物は車内に残して人間は客室に移動しなくてはなりません。
でも暑い季節でピットたちのことが不安だったので行きは夜、帰りは午前の便にしました。
しかし結果的にはピットとクーには少々しんどいことになってしまったのですが・・
この件についてはまた追々書きたいと思います(T T)

参考までにフェリー代金は車と人間(夫婦と子供2名)ワンニャン1匹づつの
往復、2等で72,580円でしたあせあせ
あと準備としてはお盆の道路事情を考えると少しでも早く出発したかったので
私と主人はそれぞれ夏休みを一日早くもらいました。

そしてこの旅を機会に今までつけそびれていたETCもやっと搭載!笑
えっ、まだつけてなかったの?と笑われてしまいそうですがこれは本当に便利でした。
しかもETC割引がかなりあったので既に元は取ってしまった感じです。
今は何でも便利な世の中ですねハート


さてさて。
すっかり前置きが長くなりましたがぼちぼち旅に出発したいと思います。笑路線バス
言葉より地図のほうがわかりやすいかなとこんなものを作ってみました。



旅の始まりは8/9の夜。
仕事が終わってから急ぎ夕飯を済ませ夜10時過ぎには静岡県東部の自宅を出発しました。
家族全員フル参加で一週間近くの旅ということで着替えなどの荷物が多いのに加えて
今回はクーのゲージとトイレなども加わって民族大移動状態。
さーてどうなることやら・・・^^;

家を出た車は東名御殿場ICより高速に乗りそのまま一気に東北道へ向います。
大型連休の始まる頃でしたがまだ渋滞もなく途中の都内もスムーズに通過。
でも途中で日付も10日に変り、そろそろどこかで寝なくちゃということで
東北道の那須高原SAにて深夜2時頃おやすみなさいにしました。
子供達とピットとクーは既に夢の中でしたが(笑)

ピットは車旅にはすっかり慣れていますが初めてのクーは最初は不安そうで
にゃ〜にゃ〜鳴いていました。
でも子供たちが抱っこしてあげるとすぐに眠ってしまいそのまま朝までみんなとグッスリ。
私も主人も少し蒸し暑さはありましたが日中の疲れも手伝ってすぐに眠ってしまいました。

さて、翌朝は7時起床。
目を覚まして外を見れば駐車場には既に車がいっぱい!
そろそろ道も混み始めるので歯磨きと洗顔だけ済ませて再び走りだしました。
ねぼすけの子供達とクーが起きた頃、途中のSAに入り朝食用にサンドイッチやおにぎり
野菜ジュースなど購入。ピットたちの食事と散歩も済ませたらまた出発です。

この日はフェリーの乗る為青森をひたすら目指しました。
昼はこれまたSAでそばうどん類を。どれも安くてなかなか美味でございました♪

道はとても空いていて快調でしたが途中でアクシデント発生!
走行車線を走っていると突然前方に何かが散乱しているのが目に飛び込んできました。
あいにく追い越し車線が詰まっていて主人も何とかかわそうとしたのですが
避けきれず左前輪が何かを踏んでしまい、後部座席にいた私の座席の真下あたりに
“ガガガ・・ガッゴ〜〜〜ン!!!”とものすごい音が!
どうやら金属の塊だったようで・・・・
みんな真っ青になってしまいましたびっくり

その後念の為ゆっくり走っていると幸いすぐに待避所があったのでここで点検。
タイヤ側面に少し傷がつき車体の方もちょっとへこんだ部分がありましたが
幸い大事には至らなかったようで一同胸を撫で下ろしました〜

主人の話では落ちていたのはトラックが落とした工具箱のようでした。
うちの跳ね飛ばしたのは多分チェーンやワイヤーを固定する為の道具で
これってほんと鉄の塊なんですよ汗
高速で走っていてこの程度で済んで本当に良かったです。
北海道に行く前に旅が終わらなくて良かったねぇとみんなで苦笑いしてしまいました(爆)

その後は順調で時間に少し余裕があったので途中高速を下りちょっと寄り道を。
せっかく東北を通ったのだからと我家のパスケ小僧の憧れ、秋田の能代工業高校を訪れてみました。


能代工業は現在アメリカで活動している田臥さんの母校でもあり
今年は佐賀のインターハイで全国優勝もしたばかり!!
ドキドキしながら職員室で声をかけさせてもらったのですが残念ながら
部活が夏休み中ということで練習風景は見ることができませんでした(涙)

でも対応してくれた先生がわざわざ閉まっている体育館を開けてくださって
少し中の様子を拝見できたんです!(T▽T)
体育館のあちこちにトロフィーや写真、賞状の数々が所狭しと飾られていて
バスケットの素晴らしい戦歴をあらためて感じ・・本当に凄いの一言。


選手の姿は見えなくても空気がピンと張り詰めたようなコートを前に息子も感無量の様子でした(涙)

すっかりバスケモードに入ってしまった我々でしたが既に時間は夕方の5時近く。
これからフェリーにも乗らなくてはいけないのであまりゆっくりもしていられません。
再び青森に向かって出発〜〜!
ここからはまたひたすら走って7時半頃無事東北道の終点、青森に着きました。

フェリー乗り場の確認を済ませると今度は乗船前にお風呂と晩ご飯の捜索(笑)
いつも行き当たりばったりな我家なんですよ^^;
ちょうどすぐ近くに大きなアミューズメント施設があり、ここに食事もできる
日帰り温泉があったので即決!!
駐車場もとても広くて車の大きな我家には願ったり叶ったりでした。

そして今日は走りっばなしで缶詰だったピットとクーも少し散歩してあげて彼らのご飯タイム。
その後人間もお風呂と食事を済ませましたが既に9時前で乗船受付の時間になっていました。

そんなギリギリのタイムスケジュールでしたが何とか無事乗り場に移動。
出発は10時20分の便でしたが目の前にはもう大きなフェリーが接岸しています。
受け付けも済ませて“とにかく間にあってよかったあ〜”と安堵の一同。
さあ、あとは乗船を待つばかりです。

でも船に乗る前に再びピットのトイレなどまだまだやることはいっぱいで
せっかくお風呂に入ったものの再び汗かきかきの私・・^^;
クーは猫なのでゲージに入れてあるトイレで自分でしてくれるので助かりました。

ところがここで再びアクシデント発生!!!
ピットのトイレを済ませて車に乗ろうとした私の足元に飛び出す黒い影が・・
なんとクーが車の外に飛び出してしまったんです〜〜〜!びっくり

瞬間的に“クー!!”と叫びつつ姿を追いましたが夜で暗くよく見えません(涙)
ピットのことに気をとられていててっきり子供たちがクーを見ていてくれると
思い込んでいた私の責任でしたがもう半べそ状態悲しい

すぐ子供たちや主人も明かりを持って出てきてくれたので落ちついて目を凝らすと
クーは車の下にちょこんと座っていました。
でも呼んでもなかなか出てきてくれなくて・・(T_T)

この間の時間はすごく長く感じましたが意識して平静を装いクーを呼び続けたら
何とかこちらに近づいてくれたので確保できましたがもう心臓はバクバクで(爆涙)

既に回りには乗船する他の車も続々と駐車していましたし、すぐ目の前は真っ暗な深い海。
あとから万が一のことをいろいろ考えたら・・ゾゾゾ〜・・
クーを抱っこする手が震えて止まりませんでした(涙)

車の中でクーを遊ばせる時は必ずリードをつけて家族の誰かに声かけもしていたのですが
この時は私が船に乗る準備でクーをゲージに入れたつもりがどうやら扉をきちんと
閉めていなかったらしく・・
たまたま何もなくて本当にラッキーでしたが大反省。
あらためて子供達ともこの先始まる旅はクーには十分気をつけようと肝に銘じましたパンチ

そんなすったもんだはありましたがさあいよいよフェリーに乗船です。
東北の夜とはいえ蒸し暑いので二匹がなるべく楽に過ごせるよう
ピットは車の後部を仕切り自由に動けるようスペースを作ってあげ
後部窓は網戸にしておきます。水も大きな容器にたっぷり入れて。
(本当は防犯上閉めておくのですが^^;)

クーはピットが以前使っていた大きなゲージに入れると最初は鳴いていましたが
じきに丸くなりスヤスヤ眠ってしまいました。
ちょっと心配だったのは、うちのすぐ後ろに大型の競走馬の輸送バスが止まって
エンジンをかけっぱなしだったんです。

フェリーの会社にペットを乗せていることは事前に申し出ていたのですが
普通車はエンジンは切らなくてはいけないのに・・・仕方ないのかな(涙)
この件もいろいろ感じたことがあるのでまた追々書きます。

かなりの熱気が感じられて暑さが心配でしたが途中で様子を見ることができないので
少しの間だから二匹ともごめんね、我慢してねと後ろ髪引かれる思いで客室へ・・・(涙)
船内に入るとお盆休みということで大混雑でした。
2等部屋は自由スペースで場所取りは早い者勝ち。
既に眠っている人も多かったのですが図々しく声かけして場所を空けてもらい
何とかしっかり我家の居場所を確保しました(笑)
でも咳の出ていた私は部屋の皆様に迷惑をかけてしまうので一人ロビーの椅子で過ごしましたが・・^^;

エアコンが寒すぎるほど効いていて車内のピットたちも連れてきてあげたかったなと
考えたりしているうちにウトウトと少し眠りに。
主人と子供達も混雑した場所ではあったけれどよく眠れた様子でした。

途中から船が少し揺れているなという感じがありましたが気になるほどではなく
長いようで短い4時間はあっと言う間に過ぎ予定通りAM2時過ぎに函館着。
到着のアナウンスに私が誰よりも急いで車に飛んでいったのは言うまでもありません(笑)

すぐに車を開けましたがかなりムッとした熱気を感じて我慢させた二匹に申し訳無く(涙)
クーは少し暴れたのかゲージの中に敷いた新聞がぐちゃぐちゃになってましたが
ピットもクーも変らず元気でいてくれました〜!ああよかったぁ(爆涙)

東北の夜とはいえやはり夏は夏。
元気とはいえピットももう10歳なのでやっぱり心配で・・・
でもとりあえず無事に北海道の大地に到着です!!!
さ〜てこれからどんな旅になりますか・・(笑)

一日目から話が長くなってしまいましたが最後まで読んでくださってありがとうございました。
またの続きをお楽しみに!?(爆)

2007.08.24 Friday

行ってきました北海道!

日記、忙しさからしばらく休んでしまいましたがごめんなさい(T0T)
毎日厳しい暑さが続いていますが皆様おかわりありませんか?

私は8月に入ってから軽い風邪をひいてしまったのですがしつこい咳が残ってしまい
いまだに朝晩ゴンゴンやっている始末で^^;
でも、お盆休みの北海道旅行は無事に行ってきましたよ!チョキ


美瑛、パッチワークの路にて。


ピットも美味しい空気をいっぱい吸って。


今回の旅で私が買った自分へのお土産です(笑)
北海道の動植物がいっぱいの切手数々や旭山動物園で買った写真集。ポストカードなど

いや〜それにしても北海道はやっぱり広かった・・・!
そして何もかもが美味しかったです!!
この旅で泣き笑いな家族の思い出もいっぱいいっぱい出来ました(涙)

8/10〜17までという今までにない長期の車旅、
ワンニャン連れで走った約3600km。
ぼちぼちとですがそんな旅の報告をこれから書いていきたいと思います。
とはいえ相変らず忙しい日々でカメな作業は十分予想されますが
良かったら時々覗いてやってくださいね^^;

1

categories

archives

links

profile

是非ご覧ください

recent comment

recommend

recommend

ターシャとコーギ
ターシャとコーギ (JUGEMレビュー »)
ターシャ・テューダー

recommend

recommend

recommend

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM